肌荒れの原因は?

肌荒れを引き起こす原因はさまざまですが、とくに、「肌のターンオーバーの乱れ」「ホルモンバランスの不調」「肌のバリア機能の低下」などが大きく影響していると考えられます。

肌荒れの主な原因は?

肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーの乱れ図面肌のターンオーバーとは、「皮膚細胞の生まれ変わり」、「肌の代謝」のことです。この代謝のサイクルが乱れることにより、肌荒れを引き起こします。
たとえば、ターンオーバーのサイクルが早すぎると、肌細胞が未熟なまま表面に出てきてしまい、バリア機能が低下します。逆に、サイクルが遅すぎると、古い角質がはがれ落ちずに残ってしまい、新しい肌が表面に出てこれなくなるのです。

ターンオーバーのサイクルの乱れは、不規則な生活習慣、ストレス、タバコ、無理なダイエット、紫外線などの、肌への直接のダメージなどが原因となります。逆に考えると、これらに気をつけることによって、肌荒れを防ぎ、改善することが期待できます。

ホルモンバランスの不調

生理前になると肌の調子が悪くなる、と感じることはありませんか?女性の肌は、生理周期とホルモンバランスに大きく影響されているのです。
生理が近づくと、血液中のホルモン(卵胞ホルモン、黄体ホルモン)のバランスが乱れ、肌が敏感になります。それが、生理前に肌荒れが起こりやすくなる理由です。

肌のバリア機能の低下

肌荒れの原因の1つに「バリア機能の低下」があります。 健康な肌は、水分と油分のバランスが良好な状態を維持しています。しかし、内部からの栄養不足や、外部からの刺激(乾燥、紫外線、ハウスダスト、花粉など)により、水分と油分のバランスが変化すると、肌のバリア機能が低下し、肌荒れを起こしやすくなります。

関連リンク

関連リンク

肌荒れとは?

肌荒れとは?

肌荒れを改善するために

肌荒れを改善するために