製品ラインナップ

シミ・そばかすに ハイチオールCシリーズ

ハイチオールCホワイティア

1日2回 第3類医薬品

ハイチオールCホワイティア

シミ・そばかす治療薬。シミ・そばかすを治療するシリーズ最新の医薬品です。
  • ■こんな方におすすめ
  • 本気でシミ・そばかすを治したい方
  • 朝晩のむタイプの薬をお探しの方
  • 小粒でのみやすい薬をお探しの方

ハイチオールCプラス

1日3回 第3類医薬品

ハイチオールC プラス

負けたくない肌トラブルに。シミ・ニキビに有効です。
  • ■こんな方におすすめ
  • シミ・ニキビなど肌トラブルが気になる方
  • 全身の疲れや湿疹が気になる方

肌あれ・にきびの緩和に ハイチオールBクリア

ハイチオールBクリア

1日1回 第3類医薬品

ハイチオールBクリア

肌あれのないキメの整った肌へ。肌あれ、にきびの緩和に。
  • ■こんな方におすすめ
  • 肌あれから来るキメの乱れにお悩みの方
  • 毛穴の目立つ*肌あれやにきびにお悩みの方
  • 不規則な生活や疲れで肌あれが気になる方

※毛穴が目立つのは、肌あれ・にきびが原因の一つです。

その他のハイチオール製品はこちら

  • ハイチオールCプルミエール
  • ハイチオール ECドリンク

ハイチオールヒストリー

L-システインの研究をいち早く始めたのは、エスエス製薬でした。

1960年代から研究を始め製剤化に成功。
1972年に、ハイチオールC(一般用医薬品)が誕生しました。
以降も研究を続け、バージョンアップやシリーズ製品の新発売を重ねて、今日のハイチオールブランドに至りました。

エスエス製薬はL-システインのパイオニア ハイチオールC発売から40年以上

1972.5ハイチオールC 発売

1回4錠、1日3回の用法用量で主に二日酔い・全身倦怠の改善を謳っていました。

ハイチオールCの名称の由来は「HIGH+チオール基+ビタミンC」。
ハイチオールCシリーズ製品の主成分であるL-システイン(アミノ酸)には、チオール基(活性SH基)が含まれていることが特長です。ハイチオールCシリーズ製品は、L-システインを240mg(成人1日量)含有し、さらに、ビタミンCを配合していることから、この名称がつけられました。

1998.7ハイチオールC リニューアル

1日量12錠から6錠に減らしつつ、同量の薬効成分が服用できるように製剤改良。
また、シミ改善効果を謳いはじめたのもこの頃。
「♪シミ、のんで治そう。ハイチオールC♪」のコピーが浸透しました。

2006.3ハイチオールC プルミエール発売

シミ・そばかす治療を続けやすくするために、有効成分量を変更することなく、1日3回服用から2回服用に改良しました。
また、容器も瓶ではなくプラスチックボトルにすることで、利便性を向上させました。

2009.6ハイチオールB 発売

肌あれ・にきび・口内炎を緩和するハイチオールBが発売されました。
肌の生まれ変わりをサポートするL-システインと、脂質の代謝をサポートするビタミンB2・B6を配合。
ビタミンB2・B6・Cが皮膚や粘膜を正常に保つ働きをし、口内炎も緩和します。

2010.7ハイチオールC プラス 発売

1日量6錠のまま、ビタミンC量を200mgアップ。
シミ治療薬のパイオニアとして、日々研究開発を続けています。

2015.3ハイチオールCホワイティア 発売

朝晩のシミ対策として取り入れていただけるように、1日2回の服用で、シミ・そばかすを治療する医薬品です。

2016.3ハイチオールBクリア 発売

新処方で、肌あれ対策のBクリアが新発売。
L-システイン、ビタミンB群、ビオチンが体の内側から肌細胞に働きかけ、肌あれ・にきびを改善します。

関連リンク

  • ハイチオールQ&A