そばかす(雀卵斑)

顔に小さな斑点が広がる「そばかす」は、遺伝的な要因で発生するシミと言われています。
雀の卵殻に似ているため雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれます。

Check!

  • 幼児期からできはじめた
  • 薄茶色または黒っぽい茶色で、鼻を中心に小さな斑点が散らばるようにある
  • 頬、肩、腕、手、背部などに米粒大の小さな斑点がたくさんある
  • 家族にそばかすのある人がいる
  • 春から夏に濃くなり、秋から冬に薄くなる

原因・メカニズム

小さなシミを総称してそばかすと言う場合もありますが、正確には、遺伝的な要因で発生した細かい茶色の斑点が「そばかす」です。白人に多く見られ、日本人では色白の人にできやすい傾向があります。

年齢的には、5〜6歳の幼児期からでき始めることが多く、成長とともに増え、思春期に濃くなります。それ以降はだんだん薄くなりますが、個人差があります。

顔の鼻から頬のまわりを中心に細かい薄茶色の斑点が散らばるように発生します。顔の他にも、背中、胸元、肩、腕、手など、紫外線にあたりやすい場所にあらわれることがあります。春から夏は目立ち、秋から冬にかけて薄くなる傾向になります。

対処法

濃くしないために紫外線対策を

そばかすは遺伝が主な原因であるため、完全に防ぐことは難しいのですが、濃くしない方法はあります。そばかすは紫外線の影響で濃くなる場合が多いので、日焼け対策が肝心です。衣服や日焼け止めクリームで、日常のUVケアを充分に心がけましょう。

イメージ図

ターンオーバーを促して、黒色メラニンの排出を

できてしまったそばかすを薄くするには、L-システインやビタミンC、そしてビタミンEを摂るのがおすすめです。これらは黒色メラニンの生成を抑えたり、ターンオーバーのはたらきをサポートして過剰なメラニンの排出を促進します。

  • 肌の代謝とハイチオール(L-システイン)
  • ハイチオールCシリーズ「シミ」に効くメカニズム
  • ハイチオールCホワイティア
  • ハイチオールCプラス