炎症後色素沈着

ニキビや傷、虫刺され、かぶれなどによる炎症が起きた後にシミになって色素沈着したものを「炎症後色素沈着」と言います。

Check!

  • ニキビ、虫刺されなどの炎症が起きた後にできた
  • 炎症による赤みが引いた後に、茶色くなった
  • 洗顔・入浴時にゴシゴシと肌をこするように洗っている

原因・メカニズム

ニキビや傷、虫刺され、かぶれ、湿疹、やけどなどの炎症が原因でシミ(色素沈着)が発生することがあります。黄色人種である日本人は、黒色メラニンが多いため、炎症後色素沈着が目立ちやすいと言われています。
肌に炎症が起きたとき、黒色メラニンを作り出すメラノサイトが刺激されて黒色メラニンが生成されます。その黒色メラニンが正常に排出されず、肌に残ってしまったものがシミとなってあらわれます。一般に、肌の炎症が治まって赤みがひいた後にシミがあらわれます。
ニキビを潰した跡はシミになることが多く、紫外線にあたると色素沈着をおこしやすいので注意が必要です。

洗顔やクレンジングなどで肌を過度に強くこすったり、強い力でフェイスマッサージをするなど誤ったスキンケアで炎症ができ、色素沈着をおこす場合もあります。むだ毛を毛抜きで抜いたために毛穴の周囲に炎症がおきて、黒い跡が残るのも炎症後色素沈着の一つです。

炎症後色素沈着は時間の経過で自然に消えることが多いですが、消えるまでに数年かかることもあります。また、日焼けにより色素沈着がより目立つようになり、消えにくくなる場合もあります。

対処法

炎症した患部に紫外線対策を

炎症部分に紫外線があたった場合に色素沈着を起こしやすいので、日焼け対策を行ってください。ニキビができたときはニキビ治療とともにUVケアも念入りに行い、傷跡を保護するなどして紫外線を防ぐなどの対処をしましょう。

イメージ図

ターンオーバーの促進で色素沈着をケア

黒色メラニンの生成を抑制するために、ビタミンCを多く含む食品の摂取をおすすめします。また、ターンオーバーが乱れると色素沈着が薄くなりにくくなるため、ターンオーバーのはたらきをサポートするL-システインが含まれている食品なども一緒に補うと効果的です。

  • 肌の代謝とハイチオール(L-システイン)
  • ハイチオールCシリーズ「シミ」に効くメカニズム
  • ハイチオールCホワイティア
  • ハイチオールCプラス