生理痛の症状が
ひどい場合

こんな病気が潜んでいることも…
1.子宮内膜症
2.子宮筋腫
3.子宮腺筋症
など

生理痛は仕方がない、いつものことだからと放っておいてはいけません。日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合や、鎮痛薬を服用しても改善しない場合などは、器質性月経困難症かもしれません。
月経困難症には、機能性月経困難症と器質性月経困難症があります。機能性月経困難症はプロスタグランジンの過剰分泌や、冷え、ストレスなどを原因とする生理痛ですが、器質性月経困難症は「子宮内膜症」や「子宮筋腫」「子宮腺筋症」などの子宮の病気が原因で起きる生理痛です。器質性月経困難症が疑われる場合は必ず婦人科を受診し、適切な治療を受けましょう。

1.子宮内膜症

子宮以外の場所に子宮内膜と同じような組織がつくられる病気です。この組織は生理のたびにはがれて出血します。これが何度も繰り返されると、まわりの組織とくっついて、はがれにくくなり、強い痛みを感じるようになります。日常生活に支障が出るほど生理痛がつらい、いわゆる「月経困難症」の場合、子宮内膜症が見つかることも多くあるようです。

2.子宮筋腫

子宮にできる良性の腫瘍のこと。女性ホルモン(エストロゲン)によって大きくなるといわれています。生理痛の原因になるほか、生理の量(経血量)が増えたり、生理が長引いたり、不正出血などの症状を起こします。

3.子宮腺筋症

子宮内膜症と同じような組織が子宮の筋肉内にできてしまう病気です。生理の量(経血量)が増えたり、生理が長引くといった症状が出ます。

セルフチェック
こんな症状を感じたら、
早目に婦人科に相談しましょう

  • 経血量が通常よりも多い、または少ない
  • 生理の日数が長い、または短い
  • 出血がだらだらと続く
  • 生理不順
  • レバー状のかたまりが出る
  • 今までに経験したことのないような強い生理痛を感じる