主な生理痛の原因は、
1.プロスタグランジンの分泌量が多い
2.子宮の出口がせまい
3.冷えによる血行不良
4.精神的・身体的ストレス

子宮の内部には「子宮内膜」という赤ちゃんを育てる“ベッド”が作られます。妊娠しなかった場合には、はがされて血液と一緒に体の外に出されます。この“ベッドメーキング” と “お掃除”は、だいたい28日周期で繰り返され、“お掃除”の時が生理で、その際に感じる下腹部や腰などの痛みを「生理痛」と呼びます。生理痛の原因には、次のようなことが考えられます。

1.プロスタグランジンの分泌量が多い

生理中は、子宮を収縮させ、はがれ落ちた子宮内膜を血液とともに「経血」として体の外に押し出す働きをする「プロスタグランジン」が分泌されます。この分泌が多いと、子宮の収縮が過剰になって陣痛のような下腹部や腰の痛みの原因になります。さらに、このプロスタグランジンの一種には痛みを強めるなどの作用があるので、頭痛や腰痛の原因にもなります。

2.子宮の出口がせまい

若い女性や出産経験のない女性に多い原因です。子宮の出口がせまいために、経血がスムーズに外に流れにくいことから痛みを感じます。出産を経験すると、子宮の出口が広がるため、生理痛が軽くなる場合も。

3.冷えによる血行不良

体が冷えると、血液の循環が悪くなり、痛みの元となるプロスタグランジンが骨盤内で滞ってしまうので、痛みが強くなります。そもそも生理がはじまると、体温は生理前よりも下がるうえ、プロスタグランジンの働きで血管が収縮するので、血行が悪く、体は冷えやすい状態です。ひざ掛けをかけたり、使い捨てカイロを貼ったりして、下腹部や腰を冷やさないように注意しましょう。

4.精神的・身体的ストレス

ストレスは、ホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせ、痛みを強めます。また体温調節の機能なども低下させるので、冷えが起こりやすくなります。生理中は、睡眠不足や過度な緊張は避け、できるだけゆったり過ごしましょう。

生理痛がひどい人は?

生理痛がひどく、日常生活に支障が出るような状態を「月経困難症」といいます。このような重い生理痛の陰には、子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が隠れている場合があります。生理痛がつらいなと感じるようなら、一度、婦人科を受診しましょう。

生理痛の症状がひどい場合