新型コロナワクチン接種後の発熱や痛みに対し
イブシリーズを服用することは可能です。詳しくはこちら。

お知らせを閉じる

新型コロナワクチン接種直後のワクチンによる発熱や痛みに対しイブシリーズを服用しても良いですか?
服用可能です。
詳しくは厚生労働省、日本薬剤師会などの案内をご参照ください。

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A > ワクチンの安全性と副反応「ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。」

日本薬剤師会 薬剤師から一般の方々に向けた新型コロナウイルスワクチンに関するFAQ(2021年5月13日版)

「痛みや熱等が強ければ、解熱鎮痛剤(アセトアミノフェンや非ステロイド性消炎鎮痛剤*)を使用することも可能です。」
* 非ステロイド性消炎鎮痛剤:イブプロフェン、ロキソプロフェン、アスピリンなど
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種直前に痛みや発熱でイブシリーズを服用しても良いですか?
接種をご希望で現在症状があるのでしたら、イブシリーズに関わらず解熱鎮痛薬を服用する前に医療機関にご相談することをお勧めいたします。
なお、新型コロナウイルス感染症のワクチンを受けた後、症状が出る前に、解熱鎮痛薬を予防的に繰り返し内服することについては、現在のところ推奨されていません。
出典:厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A > ワクチンの安全性と副反応

閉じる

生理時の不快な症状でもっとも多いのは「腹痛」。
次いで、腰痛・頭痛。メンタル面の症状を訴える人も。

生理に関連して起きる症状を「月経随伴症状」といい、その症状や程度は人によってさまざま。腹痛や腰痛、頭痛を感じる人が多いようですが、気分の落ち込みなど、感情が不安定になる人も少なくないようです。

生理時の不快な症状(複数回答)

グラフ 生理痛の症状:もっとも多いのは、腹痛

エスエス製薬(株)調べ|過去一年間で生理痛の症状がある15歳~59歳の女性:4,303名

生理中に起こりやすい
症状と原因

  • 腹痛・腰痛・下痢

    生理中に分泌されるプロスタグランジンが原因で、下腹部や腰に痛みが生じたり、胃腸の働きが悪くなって下痢や吐き気が起きる人もいます。

    生理時の腹痛・腰痛・下痢について

  • 頭痛

    女性ホルモンの一つ、エストロゲンの作用で、生理のはじまる前後に片頭痛を起こす場合があります。

    生理時の頭痛について

  • 貧血

    生理中の経血量が多いと、貧血を起こして、顔色が悪くなったり、クラクラとめまいが起きたりすることがあります。
  • イライラ・憂鬱感・怒りっぽい

    生理にともなうホルモンの変化などによって、感情が不安定になりがちに。症状が生理前からつづき、生理がはじまると落ち着くようであれば、PMS(月経前症候群)かもしれません。

PMSってなに?

生理の1週間ほど前から、いろいろな症状が出てくる人も多くいます。体がむくむ、乳房が張る、吹き出物が出やすくなる、便秘がちになる、イライラするといった症状です。体のむくみは水分が体内にたまりやすくなるために起きるもので、一時的に2、3キロ体重が増える人もいます。こうした生理前の症状は「PMS(Premenstrual Syndrome:月経前症候群)」と呼び、生理が始まれば軽くなっていきます。ハーブティーを飲んだり軽い運動をしたりして、ココロとカラダをリラックスさせて過ごしましょう。

生理痛の症状についての
くわしい解説

オンラインでのご購入はこちらから

  • amazonamazon
  • Rakuten24Rakuten24
  • LOHACOLOHACO
MAT-JP-2105939-1.0-6/2021 |最終更新日:2021年6月24日