女性の
ライフステージと生理痛

女性の体はライフステージによって変化し、
生理痛の原因も変化する。

女性の体は一定ではありません。年齢とともに子宮が成熟し、ホルモンの分泌量が変化するにつれて、生理の状態も変わっていきます。体の変化のことを正しく知って、生理と上手に向き合っていきたいですね。

思春期の生理痛

10代の、初潮を迎えてしばらくの間は、子宮の発育が未熟で子宮の出口(子宮口)がせまく、経血がスムーズに外に押し出されないため、圧力がかかり、痛みを感じることがあります。また生理に対する不安な気持ちが痛みを強めることも。つらいときには無理をしないで体を休ませてあげましょう。痛みが強い場合は、婦人科に相談してみましょう。

おとなの生理痛

20~30代になると子宮や卵巣が成熟期に入り、妊娠・出産の準備が整います。一般的に生理痛は軽くなるといわれていますが、個人差があり、重くなるという人も。
この時期の女性は、社会的な責任が大きくなることでストレスを感じたり、偏った食事や不規則な生活がもとで心身に負担がかかっている人も少なくないでしょう。そうした負担が原因で生理痛が悪化する場合も。また年齢とともに子宮内膜症や子宮筋腫といった婦人科の疾患も増えてきます。日ごろから自分にあった生理痛対策を心がけるとともに、定期的に婦人科検診を受けておきましょう。

ママの生理痛

出産を経験することで、生理痛が軽くなったと感じる人が多いようです。これは、出産によって子宮口が広がるためと考えられています。一方で、出産・育児、人によっては社会復帰といった大きな変化を経験し、そのストレスで生理痛が増す場合もあります。育児も、生理も、人それぞれ。できるだけゆったりした気持ちで向き合いたいものですね。

40代の生理痛

40代になると、徐々に更年期に入っていきます。生理の周期が一定でなくなったり、期間が長くなったり、生理が来ない月があったりと、これまでとは生理の状態が変わってきます。この時期に日常生活に支障があるほどの生理痛があれば、必ず婦人科を受診しましょう。