痛みを和らげる
セルフケア方法

生理痛を改善するには、まずは体を温めて血行をよくすること。
どうしても痛い場合は、鎮痛薬に頼るのも一つの方法。

生理痛がつらいときにおススメのケア方法をご紹介します。自宅でも簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

おススメのケア方法

体を温める

ひざ掛けや毛布をかける、使い捨てカイロをあてるなどして、下腹部や腰のまわりを温め、血行をよくしましょう。夏は、冷房で冷えすぎないように注意! 入浴はできればシャワーではなく、お湯につかって全身を温めましょう。ハーブティーなど、温かい飲み物は、血行を促すだけでなく、リラックス効果も期待できます。

体を締めつけない服装

ジーンズやガードルなどで体を締めつけていると、血流が滞り、生理痛を悪化させます。ボタンをゆるめたり、できるなら、ゆったりとした服装に着替えましょう。

軽いストレッチをする

体を動かすことで全身の血行がよくなり、またストレスの発散にも効果的です。骨盤や股関節の周りの筋肉を動かしたり、足の付け根の筋肉を伸ばすことを意識しておこないましょう。ただし生理痛がひどいときには、無理をせず、まずは体を休めましょう。

生理痛を和らげるストレッチ

アロマテラピーなどでリラックス

生理痛にはメンタル面も影響するといわれています。アロマテラピーで、心身ともにリラックスする時間をつくるのも◎。ラベンダーやクラリセージなどのエッセンシャルオイルが効果的とか。

ツボを押す

生理痛に効果があるとされるツボがいくつかあります。手指で、気持ちがいいなと思う程度の力でゆっくり押してみましょう。

生理痛を和らげるツボ

鎮痛薬を利用する

「病気でもないのに薬に頼るのは…」と鎮痛薬に抵抗を感じる人がいるようですが、必要以上に痛みを我慢したり、毎月の生理が憂鬱になったりしては、心と体の負担に。ストレスから生理痛を強めてしまうこともあります。つらいときには無理せず、鎮痛薬を利用することも一つの方法です。

痛みに効く薬の飲み方