生理時の腹痛・腰痛・
下痢について

生理痛の原因は、
プロスタグランジンの過剰分泌。
胃腸の働きが低下する場合も。

生理中に、腹痛や腰痛といった「生理痛」を感じる人は少なくありません。プロスタグランジンが過剰に分泌されることが原因といわれており、痛みが起きるだけでなく、胃腸の働きが悪くなる人もいます。

原因と対策

腹痛・腰痛

  • 原因

    プロスタグランジンが過剰に分泌されたり、子宮の中に滞ってしまうと、子宮や周りの血管が過剰に収縮し、腹痛を起こします。また子宮の周りの血流が悪くなるため、骨盤周りを中心に腰痛が起きます。
  • 対策

    体を温めたり、軽い運動をすると、体の血流がよくなり、腹痛や腰痛の緩和が期待できます。

下痢・吐き気・食欲不振

  • 原因

    プロスタグランジンの作用が、子宮だけでなく胃腸の働きにも影響を与え、下痢(軟便)を引き起こすこともあります。吐き気がしたり、食欲がなくなるという人も。
  • 対策

    刺激の強いものは避け、消化の良いものを口にしましょう。食べられるときに食べられそうなものを小分けにして食べても。

ヒドイ生理痛は
我慢しないで

日常生活に支障が出るほど生理痛の症状がひどい状態を「月経困難症」と呼びます。プロスタグランジンの過剰分泌や子宮口がせまいために、生理痛が重くなっている場合もありますが(「機能性月経困難症」)、子宮内膜症や子宮筋腫といった病気が原因になっている可能性も(「器質的月経困難症」)。毎月、生理痛がとってもつらいという人は、一度婦人科を受診して検査を受けておくと安心ですね。

生理痛の症状がひどい場合