• Check
  1. アレジオントップ
  2. >花粉症のはなし ~原因とメカニズム~
  3. >花粉症を引き起こす植物の種類とは? ~スギ花粉・ヒノキ花粉・ブタクサ花粉には要注意!~

花粉症を引き起こす
植物の種類とは?~スギ花粉・ヒノキ花粉・ブタクサ花粉には要注意!~

代表的なスギ花粉・ヒノキ花粉・ブタクサ花粉以外にも、つらい鼻水や鼻づまりなど、花粉症の症状を引き起こす植物はたくさんあります。スギ(飛散時期は2−4月)、ヒノキ(飛散時期は3−5月)、ブタクサ(飛散時期は8−10月)以外にも、シラカンバ(4−6月)、イネ(4−8月)、ヨモギ(8−10月)など、ほぼ年間通して何らかの花粉が日本中で飛散しています。

※花粉の飛散時期は地域により異なります。

花粉症状を引き起こす植物

花粉症状を引き起こす植物

花粉症状を引き起こす植物

花粉症というとスギ・ヒノキ花粉のイメージが強いものの、夏や秋の植物で鼻炎の症状が出る例も多く、最近は「通年病」とも言われつつあります。
しかし、夏や秋の花粉症を知らない人も多く、「花粉症シーズンじゃない」という思い込みから、風邪と判断し、何の対策も講じていない人もいるようです。もしかしたら、そのつらい鼻炎はスギ・ヒノキ以外の花粉による症状なのかもしれません。

スギ花粉

スギ花粉

飛散時期は2-4月。飛散量が多く、日本で最も多い花粉症の原因。飛散距離が長く、ごくわずかな飛散量の北海道・沖縄を除き、全国で発症。鼻アレルギーのほか、目、のど、皮膚の症状も。

ヒノキ花粉

ヒノキ花粉

飛散時期はスギより少し遅れて、3-5月。スギと同じく飛散距離が長く、広範囲で発症。スギ花粉症と合わせてヒノキ花粉症を持っている人も多く、その場合は重症化しやすい。症状もスギ花粉症と同様。

シラカンバ花粉

シラカンバ花粉

飛散時期は4~6月。北海道での花粉症の主な原因で、患者数も年々増加傾向に。主な症状は、鼻水、目のかゆみ、くしゃみなど。りんごなどを食べると口内がかゆくなる「口腔アレルギー」を引き起こすことがある。

イネ花粉

イネ花粉

飛散時期は5~6月。飛散距離は100メートルほどと短いが、稲刈りの時、イネについた花粉が舞い上がることもあるので、秋も注意が必要。鼻や目に症状が起きるほか、小麦の食物アレルギーを発症しやすくなることも。

ブタクサ花粉

ブタクサ花粉

飛散時期は8-10月。日本ではスギ、ヒノキに次いで多い花粉症。背が低い草花で、飛散距離が短いため、近づかなければ避けられる。鼻、目の症状のほか、喘息の原因にも。

ヨモギ花粉

ヨモギ花粉

飛散時期は8~10月。繁殖力が強く、雑草の生い茂る河川敷、空き地などに群生していることが多いので、散歩などで近くを通るときは注意が必要。鼻水・鼻づまりや目のかゆみなどが主な症状。

カナムグラ花粉

カナムグラ花粉

飛散時期は8~10月。飛散距離は数十メートルと短く、花粉の量も少なめだが、道端など身近に生息していることが多い。鼻や目に症状が出るほか、メロン、スイカなどで「口腔アレルギー」を起こすことがある。

花粉による症状でお悩みの方へ

花粉症の原因となる植物にはさまざまな種類がありますが、症状には共通する点が多く見られます。早めの対策をとるなら「アレジオン」がおすすめです。

花粉症対策には「アレジオン」がおすすめ!

よく知られているスギ、ヒノキ、ブタクサの他にも、様々な花粉が一年中、飛散しています。
飛散時期や花粉の種類は地域によって異なります。ご自分の住んでいる地域の花粉状況をカレンダーでチェックして、しっかり対策を行いましょう。

花粉別・地域別カレンダーでチェック!