アレジオン®
  • LINE
  • facebook
  • twitter
MENU
2019年 花粉情報 2019年 花粉情報

2019年花粉情報

監修:NPO花粉情報協会
理事 村山貢司先生

2019年の花粉の飛散量と
飛散開始時期を予報!

花粉の飛散量は近畿・九州地⽅は2018年の1.2倍〜3倍、全国的には過去10年の平均値に近い、例年並み~やや多め。飛散開始時期は全国的に例年並みになるでしょう。

2019年 花粉飛散量マップ(例年比)

2019年 花粉情報 2019年 花粉情報

データ提供:NPO花粉情報協会

2019年 花粉飛散量の傾向

  • 東北南部から西では一部を除き、例年並みかやや多くなる予想
  • 2018年春に多かった関東は減少気味になるが、それ以外の地域では例年並みと予想
花粉飛散量の基礎知識
  • 花粉の量は、前年夏の日照時間の長さに影響される
  • 特に6~7月の気象状況や日照時間が、翌年の花粉の飛散量に強く影響する
  • 前年の花粉量が少なかった地域は、その翌年の花粉量が多くなる傾向

花粉は、前年夏、特に6月~7月の日照時間が長いほど多く飛散する傾向にあります。また、花粉量が多かった年の翌年は花粉量が減少する傾向があります。
2018年6月の日照時間は、北日本の一部を除きかなり多くなり、気温はほぼ全国的に高めとなりました。2018年7月の日照時間や日射量は、東北南部から西で多く、特に北陸で多くなり、気温は全国的に高くなりました。
スギやヒノキの花粉は前年に多いと翌年は気象条件が良くても減少し、逆に前年の花粉が少ないと気象条件が多少悪くても増加することが多いために、2018年春に花粉が多くなった関東などの地域ではやや減少すると予測されます。
これらの条件から、2019年は2018年よりもやや減少気味となる地域があるものの、過去10年の平均と同じくらいかやや多くなると予想されます。
多くのスギ林やヒノキ林の樹木は、ほとんどが樹齢30年以上になっています。花粉の生産量もピークに達しており、近年は気象条件に多少の変動があっても花粉の多い状況が継続しています。
東京でいうと、過去6年間の花粉の⾶散量は3000個/㎠/シーズンから10000個/㎠/シーズンと、6年連続で多くなっています。

2019年 花粉飛散前線

2019年 花粉情報 2019年 花粉情報

データ提供:NPO花粉情報協会

2019年 花粉飛散時期の傾向

  • 花粉飛散開始は、全国的に例年並みになる予想
花粉飛散量の基礎知識
  • 花粉の飛散開始は前年11月~12月の気温が低いと早くなり、高いと遅くなる傾向がある
  • 花粉の飛散開始は、1月~2月の気温が高いと早まり、低いと遅くなる傾向がある

スギ花粉の飛散開始は、その前年の11月の気温に左右されるといわれています。前年11月から12月にかけての気温が低いほど、スギの雄花が休眠から覚醒するのが早くなります。さらに休眠覚醒後の1月以降の気温が高いと、花粉が飛散を始める時期が早くなります。
2018年の秋は気温が平年より高く推移すると予想されています。また、2019年の1月から2月の気温は、平年並みになるという予報が出ています。
以上のことを総合的に考慮し、2019年春の花粉の飛散開始時期は全国的にほぼ例年並みになると予測されます。

いつからいつまで?花粉の時期について

花粉症対策は早めにスタートするのが肝心。花粉別・地域別カレンダーでお住まいのエリアの花粉飛散時期やピークを調べてみましょう。

早めの服用で花粉シーズンの鼻ムズが軽減!?

早めの服用で花粉シーズンの鼻ムズが軽減!? 早めの服用で花粉シーズンの鼻ムズが軽減!?
アレジオン20 第2類医薬品
花粉が本格的に飛び始める前でも、先手を打ってアレジオンを飲んでおけば、鼻炎症状がひどくなる前に効果を発揮してくれます。
花粉などのアレルギー性鼻炎症状に使用する場合は、花粉飛散予測日または症状が出始めたら早めに服用すると効果的です。
アレルギー専用鼻炎薬 アレジオン つらい鼻水、鼻づまり、くしゃみに 1日1回で24時間効果をしっかり発揮
アレルギー専用鼻炎薬 アレジオン

アレジオン製品情報

詳しくはこちらから