アレジオン®
  • LINE
  • facebook
  • twitter
MENU
2019年 花粉情報 2019年 花粉情報

2019年花粉情報

花粉飛散量を確認!
「花粉飛散量予報マップ」

2019年シーズンの花粉情報をご覧いただきありがとうございました。今シーズンの花粉飛散量予報マップリアルタイム更新は終了しました。来年も実施致します。

  • 今日
  • 明日
  • 明後日
  • 北海道
    エリア
  • 東北
    エリア
  • 関東
    エリア
  • 中部
    エリア
  • 関西
    エリア
  • 中国
    エリア
  • 四国
    エリア
  • 九州
    エリア

花粉飛散量

  • :非常に多い
  • :多い
  • :やや多い
  • :少ない
  • :飛散開始前
  • 北海道
    エリア
  • 東北
    エリア
  • 関東
    エリア
  • 中部
    エリア
  • 関西
    エリア
  • 中国
    エリア
  • 四国
    エリア
  • 九州
    エリア

花粉飛散量

  • :非常に多い
  • :多い
  • :やや多い
  • :少ない
  • :飛散開始前
  • 北海道
    エリア
  • 東北
    エリア
  • 関東
    エリア
  • 中部
    エリア
  • 関西
    エリア
  • 中国
    エリア
  • 四国
    エリア
  • 九州
    エリア

花粉飛散量

  • :非常に多い
  • :多い
  • :やや多い
  • :少ない
  • :飛散開始前

2019年の花粉の飛散量と
飛散開始時期を予報!

監修:NPO花粉情報協会
理事 村山貢司先生

花粉の飛散量は近畿・九州地方は2018年の1.2倍~3倍、全国的には過去10年の平均値に近い、例年並み~やや多め。飛散開始時期は全国的にほぼ例年並みになるでしょう。

2019年 花粉飛散量マップ(例年比)

2019年 花粉情報 2019年 花粉情報

データ提供:NPO花粉情報協会

2019年 花粉飛散量の傾向

  • 2019年の花粉量は、東北から関東、東海にかけては前年より減少する見込みで、近畿と九州は前年より多くなるでしょう。
  • 例年との比較では、東北地方でやや少なくなりますが、その他の地方は例年と同じか多くなる見込みです。

2019年の花粉飛散量の主な要因

数年前からスギ、ヒノキともに花粉の生産量はピークになっています。その年の花粉量は、主に6月から7月の日照時間と前年の花粉量によって決まります。2018年の夏が記録的な猛暑でスギの雄花の成長には好条件でしたが、18年春の花粉量が大量だった地域は雄花がやや少なくなっています。

2019年の花粉対策

前年より少ない、と言っても19年春の花粉量は多くの地域で例年並みか多くなります。花粉症対策は、花粉が少ないうちから始めるのが効果的です。特に近年は飛散が始まるとすぐに花粉量が増加しますので、事前に薬を用意しておいてください。マスクは顔にフィットするものが効果的です。

NPO花粉情報協会 理事

村山 貢司 先生

花粉飛散量、飛散時期に関する情報の監修をしていただきました。

2019年 花粉飛散前線

2019年 花粉情報 2019年 花粉情報

データ提供:NPO花粉情報協会

2019年 花粉飛散時期の傾向

  • 花粉の飛散開始時期は全国的に例年並みになるでしょう。
  • 関東から西の太平洋側では2月上旬から中旬の見込みです。

花粉飛散時期の主な要因

2018年にスギ雄花が休眠に入った時期は例年より遅れました。これは11月から12月の気温が高かったためです。一方、休眠から覚めた後は気温が高いほど早く開花します。2019年の1月以降は気温が高めに推移する見込みで、総合的に見るとスギ花粉の飛散開始はほぼ例年並みになる見込みです。

花粉の本格飛散前に取るべき対策

18年春に花粉が大量に飛散したため、患者さんの多くが花粉に対してより敏感になっています。このため、花粉症対策は例年に比べてより早く、よりしっかりすることが大事です。特に毎年早い時期に発症する人は、2月初めから対策を取ったほうがよいでしょう。

NPO花粉情報協会 理事

村山 貢司 先生

花粉飛散量、飛散時期に関する情報の監修をしていただきました。

いつからいつまで?花粉の時期について

花粉症対策は早めにスタートするのが肝心。花粉別・地域別カレンダーでお住まいのエリアの花粉飛散時期やピークを調べてみましょう。

花粉飛散量と患者数の推移

週ごとにまとめた初診患者数と花粉数のシーズン中の推移からシーズンの総患者数を見ると、初診患者数は花粉数の多かった2018年の方が増加していますが、再診患者数は逆に減少しています。花粉が100個/㎠以上飛散した日数は、2017年は15日に対して2018年は32日と約2倍に増加しましたが、その期間は逆に5日間短くなっています。週ごとの花粉飛散パターンを見ても、2018年は2017年より集中して飛散していることがわかります。それに伴い、初診患者の立ち上がりから終息までの間隔は2018年の方が短くなっています。総花粉数が多くても、集中して短期間に飛散した方が患者さんにとっては楽なシーズンになるのかもしれません。飛散開始日前の1月から少しずつ症状が現れ始め、受診する患者さんが出てくるのは例年と同様の結果でした。

千代田区のスギ・ヒノキ花粉飛散状況

2017年(平成29年)

2017年(平成29年)スギ・ヒノキ花粉飛散状況

2018年(平成30年)

2018年(平成30年)スギ・ヒノキ花粉飛散状況

(飛散花粉数)東京都アレルギー情報navi.より作成

週ごとの花粉数と患者数

2017年(平成29年)

2017年(平成29年)週ごとの花粉数と患者数

2018年(平成30年)

2018年(平成30年)週ごとの花粉数と患者数

(飛散花粉数)東京都アレルギー情報navi.より作成
(患者数)東京都花粉症対策検討委員会
平成30年度第一回委員会資料より作成
※千代田区のシーズン花粉数

2019年の傾向と対策

例年飛散開始日は2月中旬になる地域が多いのですが、それ以前にすでに花粉症の症状が出て受診される患者さんがいます。これは飛散開始日前にも極少量の花粉が飛散しているため、敏感な人はそれに反応して症状が出てしまうためです。症状がいつから始まるかは個人差が大きいので自分が毎年いつ頃から症状が始まるかを把握しておき、その年の花粉の飛散開始日が早いか遅いかを加味して服薬やマスク等の予防を始めることが重要になります。ピーク時に受診してくる患者さんは症状が強く出ている人が多くなります。症状が出てすぐに治療を開始すれば少ない薬で症状を押さえ込むことができますので、早めの治療を心がけるようにしましょう。

西端耳鼻咽喉科院長
NPO花粉情報協会理事

西端 慎一 先生

花粉飛散量と患者数の推移に関する情報を提供していただきました。

早めの服用で花粉シーズンの鼻ムズが軽減!?

早めの服用で花粉シーズンの鼻ムズが軽減!? 早めの服用で花粉シーズンの鼻ムズが軽減!?
アレジオン20 第2類医薬品
花粉が本格的に飛び始める前でも、先手を打ってアレジオンを飲んでおけば、鼻炎症状がひどくなる前に効果を発揮してくれます。
花粉などのアレルギー性鼻炎症状に使用する場合は、花粉飛散予測日または症状が出始めたら早めに服用すると効果的です。
アレルギー専用鼻炎薬 アレジオン つらい鼻水、鼻づまり、くしゃみに 1日1回で24時間効果をしっかり発揮
アレルギー専用鼻炎薬 アレジオン

アレジオン製品情報

詳しくはこちらから