アレジオン®
  • LINE
  • facebook
  • twitter
MENU
アレジオントップ > 製品情報 > 薬剤師・登録販売者にご相談を

薬剤師・登録販売者にご相談を

「アレジオン20」は第2類医薬品です。
ご購入の際、薬剤師・登録販売者にご相談やアドバイスを受ける事をおすすめします。

●医薬品の分類

要指導医薬品

薬剤師

情報提供

  • 文書での情報提供が義務
  • 原則一人一包装かつ使用する本人のみに販売を制限
  • ネット販売不可

第1類医薬品

情報提供

文書での情報提供が義務

薬剤師
薬剤師

第2類医薬品

情報提供

努力義務

薬剤師または登録業者
薬剤師または登録業者

第3類医薬品

情報提供

法律上の規定はなし

薬剤師または登録販売者
薬剤師または登録販売者
  • Q
    薬剤師ってどんな人?
    • A

      全国に約30万人いる、“薬のプロフェッショナル”。
      大学の薬学部を卒業し、国家試験に合格した有資格者です。

      ※平成28年12月31日現在、厚生労働省調べ

      薬剤師は、国家試験に合格して国家資格を取得した薬の専門家です。薬を販売するだけでなく調剤をすることもできる医療従事者 - つまり“治療”を進めていく上で、医師や看護師、栄養士と並び、重要な役割を担っている人なのです。

      でも、薬剤師って何となく身近な存在に感じるのはなぜでしょう?それは、薬剤師は病院だけでなく、町の薬屋さんにもいて気軽に相談に乗ってくれるから。お医者さんには質問しにくいことでも、薬剤師になら尋ねられますよね。

      ちなみに、薬局には薬剤師の他に「登録販売者」という都道府県の許可を得た職種の人もいます。登録販売者は第2類、第3類医薬品を販売することができます。
      第2類医薬品に分類されている「アレジオン20」は、薬剤師・登録販売者にご相談や、アドバイスを受けることをおすすめします。

  • Q
    薬剤師に相談すると、どんなメリットがあるの?
    • A

      薬剤師は薬の専門家。
      飲み合わせリスクを未然に防いでくれる事も。

      同じ効能を持つ薬でも、飲む人の体質や病歴などによって効果や副作用の出方は微妙に違ってきます。人によって異なる詳細な情報から、その人に適した薬を選んでくれるのが薬剤師です。「かかりつけ医」とよばれるお医者さんがいますが、最近では同じように「かかりつけ薬局」「かかりつけ薬剤師」の重要性が指摘されています。

      薬の相談だけでなく、何気ない世間話の中にも、薬剤師から見れば重要な健康情報が隠れていることがあります。新しい薬を買おうとした時に、かかりつけの薬剤師なら「この前の薬と一緒に飲むと危険ですよ」と、“飲み合わせから生じるリスク”を未然に防いでくれることもあります。身近な薬局に、信頼のおける薬剤師がいると安心ですよ。

薬局との上手なつきあい方をご紹介します。

※別ウィンドウが開きます。

アレルギー専用鼻炎薬 アレジオン つらい鼻水、鼻づまり、くしゃみに 1日1回で24時間効果をしっかり発揮
花粉に、1日1回で24時間効く アレジオン