つらい頭痛に速攻!

頭痛の種類と原因

頭痛にはさまざまな種類がありますが
特に明確な病気があるわけではないのに
繰り返し起こる頭痛(一次性頭痛)と、
病気が原因であらわれる頭痛(二次性頭痛)の、
大きく2つに分けられます。

監修: 慶應義塾大学 医学部 神経内科 准教授
柴田 護先生

一次性頭痛

「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3つが代表的です。緊張型頭痛と片頭痛が、混在する人もいます。

緊張型頭痛

頭全体が締めつけられるような痛みがあります。精神的なストレスや、長時間同じ姿勢がつづくといった身体的ストレスが原因で首や頭の筋肉が緊張し、血流が悪くなることで起こると考えられています。また、目の使い過ぎによる疲労が筋肉のコリを引き起こし、頭痛を誘発することもあります。頭痛が起きないようにするには、肩や首を温めて筋肉の緊張をほぐしてあげることが大切です。

詳しくはこちら

片頭痛

ズキズキと脈打つような痛みが特徴です。男性に比べて女性に約3倍多く見られる頭痛で、脳に血液を送る血管が拡張すると頭痛が起きやすくなります。また、生理周期にも関連して起こります。排卵期や月経直前~月経初日に起きやすいケースもあり、女性ホルモンが関係しているのではないかと考えられています。吐き気が強く、光や音に過敏になることが多いです。
その他にもストレスや疲労のほか、寝すぎ・寝不足といった不規則な睡眠、梅雨や台風時期の低気圧といった天候の変化などがきっかけで頭痛が起こります。空腹も引き金になりますので、朝食を抜いて出勤するといった行動は避けましょう。

詳しくはこちら
頭痛と睡眠

群発頭痛

群発頭痛

目がえぐられるような激しい痛みで、必ず頭の片側に起こります。一度症状が出ると、1~2カ月間、ほぼ毎日、同じ時間帯に頭痛が起きるようになります。多くの場合、痛みは15~180分程度続きます。体内時計が関係しているのではないかともいわれています。

詳しくはこちら

二次性頭痛

何らかの病気が原因で起きる頭痛のことをいいます。二日酔いなどアルコールが原因で起こる頭痛もあれば、くも膜下出血や脳腫瘍といった命の危険につながるものもあります。具体的なものとしては、心身症などからくる精神疾患による頭痛や、高血圧を原因としたホメオスターシス障害による頭痛など8種類ほどに分類されます。

こんなときは、すぐ病院へ!

これまで経験したことのないような強い頭痛が突然現れたり、手足の麻痺やしびれ・痙攣、激しい嘔吐、高熱などを伴う場合などは、すぐに病院を受診しましょう。

アルコールと頭痛について

「二日酔い」に伴う頭痛も二次性頭痛のひとつです。
お酒に含まれるアルコールが代謝されてできるアセトアルデヒドの増加が頭痛の原因ですが、アセトアルデヒドは肝臓で代謝され、時間がたつと自然に治るので、通常は病院を受診することはありません。

柴田 護 先生(慶應義塾大学 医学部 准教授)

監修:柴田 護 先生
(慶應義塾大学 医学部 准教授)

平成4(1992)年慶應義塾大学医学部卒業。
日本神経学会神経内科専門医、
日本内科学会総合内科専門医、
日本頭痛学会頭痛専門医、
日本脳卒中学会脳卒中専門医、
日本認知症学会認知症専門医。 ※掲載している情報や、監修者の所属・肩書きは、記事作成時点のものです。