風邪の治りかけの症状とは 
早く完治させるには

Symptoms – recovery phase
内田直樹(うちだなおき)先生
監修:内田直樹(うちだなおき)先生

昭和大学医学部 薬理学講座 臨床薬理学部門 教授
昭和大学卒。2014年4月より現職
日本臨床薬理学会 指導医・専門医

のどの痛みが消え、熱が下がり楽になったことに気づくと、風邪が治る予感がすることもあるでしょう。でも体力の回復には時間がかかるので油断は禁物。風邪の治りかけのときの正しい対処方法を知っておきましょう。


そもそも風邪は
どのくらいで治るの?

風邪の症状があるのは1週間~10日ほど

原因となるウイルスや個々の重症度によって風邪が完治するまでの期間は異なりますが、普通の風邪であれば症状のある期間は平均7~10日間であることが複数の研究で報告されています。症状によっても異なり、咳の場合は風邪のあとに2~3週間ほど続くこともあります。
風邪の症状は、発症2~3日目をピークとして、ほとんどの場合1週間~10日ほどで治るものとおぼえておくとよいでしょう。1週間を過ぎても症状が軽快しない場合は他の病気が隠れている可能性もあるため、医師に相談するようにしましょう。

風邪の治りかけのイメージ

ピークが過ぎてもウイルスは残っている

風邪のウイルスは感染後に気道粘膜で増殖し、発症するころには鼻やのどで多量に放出されています。体内のウイルス量は感染2~3日目をピークに次第に減少していきますが、少しのあいだは放出が続くため周囲の人に風邪をうつしてしまわないよう注意が必要です。


風邪が治りかけているときに
出る症状

濃い鼻水

風邪の引き始めにひどかった鼻の症状も、治りかけのころには落ち着いていることでしょう。最初はさらさらと水っぽかった鼻水が、治りかけのころにはドロッとした濃さに変わります。治りかけの鼻水にはウイルスと戦って死滅した免疫細胞などが含まれているため、黄色や緑色っぽい色をしていることがあります。

熱が出なくなる

風邪による発熱は、発症から2~3日ほどで解熱することがほとんどです。発熱したあと汗をかいて熱が下がり、もう熱が出なくなったら治りかけていると考えてよいでしょう。
体温は1日の中で変動があるもので、午前中には熱が下がっていても免疫が活発になる夕方から夜にかけて再び熱が出るようなときには体がまだウイルスと戦っている状態です。発熱がみられなくなり体力が回復するまで安静を保つようにしましょう。

だるく、疲れやすい

風邪の治りかけの時期は、発熱やつらい症状が治まっていても体力が消耗されてしまっているため、だるく、疲れやすく感じることも多いでしょう。まだ元気がないときは、無理をせず体力の回復を待ちましょう。
ただし、休養をとっていても発熱と強いだるさ(倦怠感)が続く場合は風邪ではない病気の可能性もあるため、早めに医師に相談しましょう。

長引く咳

風邪の症状のうち咳は長く続きやすく、治りかけの時期にものどがイガイガとした咳に悩まされていることがよくあります。これは、風邪を引いたあとに気道の過敏反応が残ってしばらく咳を引き起こすことがあるからです。
また、細菌感染による副鼻腔炎や肺炎などを風邪に併発したことで長引く咳があらわれている場合もあります。黄色っぽい痰を伴う咳が長引くときや風邪の治りかけのころに咳や発熱が悪化したときには医師の診察を受けるようにしましょう。

下痢が治まる

風邪のウイルスによっては吐き気や嘔吐(おうと)、下痢などの胃腸症状があらわれることがあります。風邪が治りかけのころには下痢は治まってきますが、胃腸が弱り食欲不振が続いているかもしれません。
なお、ひどい吐き気と嘔吐、強い腹痛、水のような下痢が何度もみられる場合は、風邪ではなく感染性腸炎や食中毒などによる胃腸症状の可能性もありますので、早めに医療機関を受診しましょう。


治りかけのときの
理想的な過ごし方

風邪が治りかけのときの対処法

風邪のピークが過ぎても、ウイルスを排除してダメージを修復する体の働きは続いています。発熱やつらい症状は治まっていても、体力が十分に回復していないことも多いでしょう。治りかけのときにも休養、栄養・水分補給、部屋の加湿といった基本的なケアが大切です。

  • 適度な湿度を保つ
    空気の乾燥は気道粘膜のバリア機能の修復を遅らせ、風邪のあとの過敏反応による咳を長引かせてしまうかもしれません。乾燥しやすい季節には、加湿器などを使って室内を適度な湿度に保つとよいでしょう。気道を乾燥から守るにはマスクの着用も有効です。
  • 外出はなるべく控える
    風邪のピークが過ぎてもウイルスは体内に残っているため、他の人にうつしてしまう可能性があります。風邪症状が治るまで出勤や登校など人に会う外出は控えるのが好ましいでしょう。
  • 水分補給はしっかりと
    風邪を引くと発熱や発汗、下痢や嘔吐によって水分が失われやすく、食欲低下によって水分摂取も不足しがちです。脱水を防ぐために、治りかけのときも水分補給に気を配りましょう。こまめな水分補給はのどを乾燥から守るのにも役立ちます。
  • 消化が良い食事で栄養をとる
    風邪を引くと発熱によっていつもよりエネルギーが消費されるうえ、食欲低下により食事量が減少することで、体力が低下しやすくなります。治りかけのときは、消化が良い栄養のある食事で体力の回復を促しましょう。
    治りかけのときの食事については、シーン別!風邪におすすめの食べ物のページも確認してみましょう。
  • 風邪薬は症状が和らいだらやめてよい
    つらい症状を和らげるための風邪薬は、症状がよくなったら飲むのをやめても問題ありません。風邪の症状は通常、発症2~3日目をピークとして軽快していくものですが、熱が3日以上続いたり、熱が反復したりするときは注意が必要です。
    市販の風邪薬は使用上の注意をよく読んで服用し、5〜6回(2日間ほど)服用しても症状がよくならないときは服用を中止し、医師、薬剤師や登録販売者に相談してください。

治りかけのときの
NGな行動・注意点

治りかけのころには食欲が回復してきますが、まだ胃腸が弱っているので香辛料などの刺激物は避け、アルコールを控えるようにしましょう。治りかけのときは、体力の回復に支障をきたすような強い筋肉トレーニングや激しい運動も避けましょう。
お風呂は、高熱でぐったりしているような場合や発熱のある乳幼児や高齢者を除けば、風邪でも控える必要はありません。ただし、浴室や脱衣場所を暖め、湯上り後はすぐに服を着るなど、湯冷めしない配慮が重要となります。また、体力を消耗させる熱すぎる湯温や長風呂は避けることも大切です。

page top

MAT-JP-2111936-1.0-03/2022 最終更新日:2022.3.31

  1. トップ
  2. 知りたい!風邪のこと
  3. 風邪の治りかけの症状とは 早く完治させるには
  • ※ 注意書きをよく読み、目的に合わせてお使いください。
  • ※ これらの医薬品は、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。アレルギー体質の方は、必ず薬剤師、登録販売者にご相談ください。