Q&A

  • イブプロフェン製剤を服用すると新型コロナウイルス感染症を悪化させると聞いたのですが、本当ですか?

    厚生労働省によると、新型コロナウイルスに感染した時にイブプロフェンの服用により新型コロナウイルス感染症が悪化することを示す科学的な根拠は得られていません。詳しくはこちらをご覧ください。

    厚生労働省によるイブプロフェンと新型コロナウイルス感染に関するQ&A

    ご自身の体調についてご質問がある場合は、医療機関にご相談されることをお勧めします。

  • 風邪の諸症状(発熱・咳・鼻水・のどの痛みなど)のため、エスタック(風邪薬)を服用したいのですが、新型コロナウイルス感染症が心配です。服用しても良いですか?

    風邪の諸症状の緩和のために服用しても問題はありません。但し、新型コロナウイルス感染症が発生している状況なので、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のある場合や、高齢者をはじめ、基礎疾患のある方は医師にすぐにご相談いただくか、下記リンクをご参照ください。

    厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について、医療の相談ページ

  • 新型コロナウイルス感染症はエスタック(風邪薬)で治りますか?

    エスタック(風邪薬)は風邪の諸症状を緩和する薬であり、新型コロナウイルス感染症を治すことはできません。

「発熱、咳、鼻水、のどの痛みなどの“風邪症状”が出てきた方は、
新型コロナウイルス感染症ではないかと、不安になってしまうかもしれません。
必要以上に不安にならず、 正確な情報を確認し、冷静に対応しましょう。
不安な場合は主治医などへ相談しましょう。」

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症について、医療の相談ページ

  • 1

    エスタック(風邪薬)には、イブプロフェンが配合されていますか?

    1

    エスタックには、イブプロフェン配合とアセトアミノフェン配合の風邪薬があります。

    イブプロフェン配合風邪薬:
    エスタックイブファインEX
    エスタックイブTT
    エスタックイブNT
    エスタックイブファイン
    エスタックイブ

    アセトアミノフェン配合風邪薬:
    エスタック総合感冒
    新エスタック顆粒

  • 2

    エスタック(風邪薬)はインフルエンザでも服用できますか?

    2

    インフルエンザが疑われる場合には、速やかに医療機関を受診してください。
    風邪薬は、熱や鼻水、咳などの苦しい症状をやわらげるための対症療法の医薬品であり、ウイルスをおさえる効果はありません。また、医療機関でインフルエンザと診断を受けた方は風邪薬を服用せずに主治医の指示に従ってください。

  • 3

    いつ服用すればよいでしょうか?何時間空ければ服用できますか?

    3

    1日3回食後に服用してください。最低でも服用間隔は4時間以上空けて、食後なるべく30分以内に服用してください。

  • 4

    ピリン系の成分は含まれていますか?

    4

    いいえ。ピリン系の成分は含まれておりません。

  • 5

    妊娠中に服用してもよいですか?

    5

    妊娠中はどんな薬も慎重に判断する必要があります。妊婦または妊娠していると思われる方は、自ら判断せず主治医に相談してください。

  • 6

    子供でも服用できますか?

    6

    エスタック総合感冒は5才から服用できます。また、12才から服用できる新エスタック顆粒も取り揃えております。

    みんなで使える常備薬

  • 7

    持病がある場合でも服用できますか?

    7

    主治医にあらかじめご相談ください。

  • 8

    何日くらい続けて服用できますか?

    8

    エスタックイブファインEXなどイブプロフェン配合の薬:5日間を超えての服用は控えてください。
    エスタック総合感冒、新エスタック顆粒:1週間を目安としてください。
    なお、A9もご参照ください。

  • 9

    風邪症状(発熱)のため、エスタック(風邪薬)を服用しましたが、3日経っても症状が良くなりません。どうすれば良いですか?

    9

    5~6回服用しても症状がよくならない場合(特に熱が3日以上続いたり、また熱が反復したりするとき)は服用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

  • 10

    他の薬と併用して服用していいですか?

    10

    本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください。
    他の風邪薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、乗物酔い薬、アレルギー用薬、催眠鎮静薬等)、胃腸鎮痛鎮痙薬(ヨウ化イソプロパミドを含む製品のみ)
    詳しくは添付文書をご覧ください。

  • 11

    「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。」と書いてあります。何時間経ったら運転をすることができますか?

    11

    眠くなる可能性のある成分(一部の製品には加えてまぶしく感じやすくなる可能性のある成分)を含みますので、個人差がありますが薬を服用しておおむね24時間は車等の運転は控えてください。

  • MAT-JP-2002710-1.0-09/2020
  • 最終更新日:2020.09.14