眠りの種類 ~レムとノンレム~

レム睡眠とノンレム睡眠は、脳や身体の状態の違いから
区別される睡眠の種類です。

レム睡眠では、脳が活発に働いており、記憶の整理や定着が行われています。レム睡眠中は目がぴくぴく活発に動く、Rapid Eye Movement(急速眼球運動)があることからREM(レム)睡眠と呼ばれています。一方、REMのないノンレム(non-REM)睡眠では、大脳は休息していると考えられ、脳や肉体の疲労回復のために重要だとされています。 ノンレム睡眠は、眠りの深さにより4つの段階(睡眠段階)に分けられます。

就寝後の経過

眠りは、まずノンレム睡眠から始まり、一気に深い眠りに入ります。眠りについてから1時間ほどたつと、徐々に眠りが浅くなり、レム睡眠へと移行します。その後、またノンレム睡眠に移行して深い眠りに入った後、眠りが浅くなってレム睡眠に移行します。このような約90分の周期が、一晩に3~5回繰り返されます。睡眠の前半3時間は、睡眠段階3~4の深い眠りが多く、後半になるにつれてレム睡眠が増えてきます。

古賀良彦.『睡眠と脳の科学』祥伝社新書, 2014より改変

次ページ日本人の睡眠実態

自然に近い眠りをサポート
寝つきが悪い・眠りが浅いなどの
一時的な不眠症状の緩和に

製品情報はこちら

関連するページ