不眠の影響

眠れないことで日常生活に支障が出たり、
身体の健康に影響を与えることがあります。

不眠が続くと、熟睡できないため疲労感がとれず、朝起きる気力が出ないなど日常生活に支障が生じやすくなります。また、日中の眠気が強く残っていると、注意力や記憶力を要求されるような作業の能率が低下し、気分も沈みがちになります。一方、ささいなことに過度に反応し、対人関係に過敏になり、すぐに怒りっぽくなりがちです。
さらに、睡眠中には成長ホルモンが分泌されたり、免疫力が増強されて身体組織の修復が行われたり、日中の情報や記憶が整理・定着されたりすることがわかってきていますが、不眠になるとこうした機能が不十分になり、身体の不調があらわれやすくなると考えられます。

次ページ不眠対策

自然に近い眠りをサポート
寝つきが悪い・眠りが浅いなどの
一時的な不眠症状の緩和に

製品情報はこちら

関連するページ