睡眠改善薬とは

睡眠改善薬は一時的な不眠症状に対する「改善手段」の一つ。

睡眠改善薬は、「寝つきが悪い」、「眠りが浅くて夜中に目が覚めてしまう」といった「一時的な不眠症状」を緩和する薬です。
生活リズムや睡眠環境を整えても一時的な不眠の症状が改善しない場合には、OTC医薬品(一般用医薬品)の睡眠改善薬で、症状を改善することも一つの方法です。
また、睡眠改善薬は、「不眠のループ」を断つためにも有用です。

※一時的な不眠とは、「精神疾患等病的な原因のない人が経験する一過性の不眠」のことを言います。

不眠のループ不眠のループ

こんなとき、こんな方の一時的な
不眠の症状には『睡眠改善薬』を

  • ストレスが多く、眠れない
  • 心配ごとがあって、夜中に目が覚める
  • 疲れているのに、
    神経が高ぶって寝つけない
  • 時差ボケや不規則な生活で、
    睡眠リズムが狂い、寝つけない

睡眠改善薬を使用してみたいと
感じる場面や状況 トップ5

睡眠改善薬を使用したことがない方は、「何日かうまく寝つけない日が続き、今日こそはちゃんと眠りたい」、「しっかり睡眠が取れていないせいで、体に疲れがたまっていると感じる」という時に使用してみたいと考えているようです。

何日かうまく寝つけない日が続き、
今日こそはちゃんと眠りたいという時

しっかり睡眠が取れていないせいで、
体に疲れがたまっていると感じる時

ぐっすり寝た感じがしない日が続いた時

次の日大切な仕事の予定があるのに寝つきが悪い時

しっかり睡眠が取れていないせいで昼間眠くなったり、
集中力が続かず仕事に支障を感じる時

自社調査(2010年12月)【対象】20~49歳男女 420名 【方法】インターネットによるアンケート調査

次ページ睡眠改善薬と睡眠薬・睡眠導入剤の違い

関連するページ

※これらの医薬品は、薬剤師、登録販売者に相談のうえ、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。