不眠とは? 不眠の症状

寝つけない、夜中に起きてしまうなど、
不眠には4つのタイプがあります。

不眠とは、精神的なストレスや身体的な苦痛などによって十分に眠れない状態をいいます。生活リズムの乱れや心配事で寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりする状態は一時的な不眠です。不眠と一言でいっても、その症状は人それぞれです。不眠症状は、入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害の4つに分類されていますが、1つの症状だけでなく複数の症状があらわれる人もいます。「不眠症」は睡眠障害があり寝不足になったことで、日中の生活に支障が生じている状態です。


寝つきが悪い

入眠障害

布団に入ってもなかなか寝つけない。寝つくまでに2時間以上かかる。不眠の中では最も訴えの多い症状。



夜中に何度も
起きてしまう

中途覚醒(睡眠維持障害)

眠りについた後、夜中に何度も目が覚める。目が覚める時間や回数は個人差があり、高齢になるにしたがって多くあらわれるようになる。



思ったよりも早く
目が覚める

早朝覚醒

朝、望む時刻より2時間以上早く目が覚めてしまい、まだ眠りたいのに、眠れない。高齢者に多い症状。

良く寝たと思えない

熟眠障害

睡眠時間のわりには、朝起きた時にぐっすり眠った感じがしない。

次ページ不眠の原因

自然に近い眠りをサポート
寝つきが悪い・眠りが浅いなどの
一時的な不眠症状の緩和に

製品情報はこちら

関連するページ