薬局との上手なつきあいかた:薬剤師さんにどんな症状かを伝えよう(3)/かかりつけ薬局をもとう【エスエス製薬】

TOP > かかりつけ薬局をもとう > 薬局との上手なつきあいかた:薬剤師さんにどんな症状かを伝えよう(3)
  • twitter投稿
  • LINEで送る

薬局との上手なつきあいかた

3.薬剤師さんにどんな症状かを伝えよう うさ子さん、頭痛薬が欲しいのですが、たくさんあって迷ってしまいます。薬剤師さんに相談してみることにしました。

★ うさ子さんと薬剤師さんの会話メモ ★

頭が痛いので、頭痛薬を探しています

いつごろから、どのように痛みますか?

解説
薬を買う前にまずどんな症状かをできるだけくわしく伝えましょう。
「どこが」「どのように」「いつから」「どのような状況で起こるのか」などです。

昨日から、朝起きたときにズキズキ痛みます

そうですか…。ところでいま飲んでいる別の薬はありますか?

解説
使用している薬を同時に服用する場合、飲み合わせによっては薬どうしが影響しあい、本来の効果がでなかったり、逆に効果が強すぎて思わぬ副作用が出る場合もあります。OTC医薬品のほか、病院で処方されている薬もあればすべて薬剤師さんに伝えましょう。

病院で処方された、花粉症の薬を飲んでいます。これとこれです

拝見します。わかりました。ほかになにかアレルギーを持っていらっしゃいますか?薬でアレルギーや副作用が出たことはありますか?

解説
食べ物やハウスダストなど、アレルギーのある人は薬にも過剰な反応を示すことがあります。また特定の成分で症状が悪化することもあります。アレルギーの有無や過去に薬を飲み副作用が起こった経験などがある場合は必ず伝えましょう。

特にありません

わかりました。ほかに失礼ですが現在、妊娠や授乳はされていますか?

解説
妊娠中は胎児や出産に影響が及ぶこともあります。授乳中もOTC医薬品の使用には心配が残ります。妊娠中や授乳中の人は必ずその旨を伝えましょう。

いいえ

わかりました。では症状に合うおすすめの薬お持ちしましょう

チェックポイント

  • 薬剤師さんは大学の薬学部を卒業し、国家資格に合格した、いわば「薬のプロフェッショナル」です。
    できるだけ詳しい情報を伝えて、相談にのってもらうようにしましょう。