症状・疾患を知ろう

アレルギー性鼻炎(花粉症)

花粉症に代表されるアレルギー性鼻炎。さまざまなアレルゲンを原因として発症するため、年間を通した対策が重要です。

アレルギー性鼻炎(花粉症)の図版

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎は、発作的で連発するくしゃみ、透明のさらっとした鼻水、鼻づまりの3つの症状を主とするアレルギー疾患です。その主な原因は、空気中を浮遊している花粉やハウスダストなどの原因物質「アレルゲン」を吸い込み、鼻粘膜からアレルゲンに含まれる糖タンパク等が体内に入ることで起こります。

アレルギー性鼻炎には、主に花粉などをアレルゲンとし毎年同じ季節に鼻炎症状を引き起こす「季節性アレルギー性鼻炎」と、ハウスダストなどをアレルゲンとし、季節に関係なく、年間を通じて鼻炎症状を引き起こす「通年性アレルギー性鼻炎」があります。
日本では、1960年代後半からアレルギー性鼻炎の増加がみられるようになり、その当初は通年性アレルギー性鼻炎が主流でしたが、最近では花粉症の増加が顕在化しており、特にスギ花粉症は有病率の高さと症状の強さから社会問題にもなっています。

「季節性」と「通年性」のアレルギー性鼻炎

実は花粉は一年中飛んでいる!季節性アレルギー性鼻炎の図版

実は花粉は一年中飛んでいる!季節性アレルギー性鼻炎

いわゆる「花粉症」は、毎年同じ季節に鼻炎症状が起こる、季節性アレルギー性鼻炎に分類されますが、2~4月頃に発症するスギ花粉症の印象が強いため、春以外の他の季節にも花粉が飛んでいることはあまり知られておらず、他の季節に同じ症状が起きても「カゼかな」と勘違いしてしまうことも多いようです。

しかしスギ以外にも、鼻炎症状を引き起こす植物は多くあり、春のヒノキ、夏のシラカンバやカモガヤ、秋のヨモギやブタクサ、冬のカナムグラなど、アレルギー性鼻炎を引き起こす花粉は、ほぼ年間を通じて日本中で舞っているのです。

原因は花粉だけではない!通年性アレルギー性鼻炎

季節に関係なく、年間を通じて鼻炎症状が起こる「通年性アレルギー性鼻炎」のアレルゲンとして有名なのが、カビやダニ、人やペットの毛やフケなどのハウスダストです。

さらにディーゼル排気粒子など、花粉、ハウスダストなどのアレルゲンと一緒に吸うと、アレルギー症状を悪化させる物質、いわゆる『アジュバント物質』 という環境因子もあります。ほぼ一年中、原因となるアレルゲン、アジュバンド物質は大気中を飛んでいます。

 

 

  季節性アレルギー性鼻炎(花粉症) 通年性アレルギー性鼻炎
アレルゲン
(原因物質)
主に花粉
(スギ・ヒノキ・ヨモギ・ブタクサ等)
主にハウスダスト
(カビ・ダニ・人やペットの毛やフケ等)

 

 

アレルギー性鼻炎の症状(カゼとの違い)

カゼとアレルギー性鼻炎の症状はよく似ています。アレルギー性鼻炎は、発作的に、何度も繰り返し起こるくしゃみと、透明でさらっとした鼻水が特徴的です。カゼやちくのう症などで見られる黄色や緑色の鼻水は、アレルギー性鼻炎では見られません。チェックシートで確認してみましょう。

アレルギー性鼻炎チェックシート

チェックした数が多い方はアレルギー性鼻炎の可能性があります。

  • 透明でさらっとした鼻水が出る。
  • 1週間以上、くしゃみや鼻水が続いている。
  • 目と鼻にかゆみをともなう。
  • 1日中くしゃみが止まらないことがある。
  • 熱はあっても微熱程度で高熱ではない。

アレルギー性鼻炎のメカニズムと抗ヒスタミン薬(鼻炎薬)

アレルギー性鼻炎のメカニズムと抗ヒスタミン薬(鼻炎薬)の図版

アレルギー性鼻炎の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中を浮遊している花粉やハウスダストなどのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。

その後、再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり等のアレルギー反応を起こします。鼻炎薬として一般的な抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンがヒスタミン受容体と結合するのを阻害することにより鼻炎症状に効果を発揮します。

抗ヒスタミン薬は花粉飛散初期からの服用(初期療法)が推奨されています。初期療法とは、予測される花粉飛散量と、もっとも症状が強い時期の重症度などをもとに、早期に服用を開始する治療法です。症状が軽い時から服用を開始することで、症状が強まる時期を遅らせるだけでなく、症状の程度を軽くし、症状の終了を早くすることが出来ます。

第2世代の抗ヒスタミン薬が眠くなりにくい理由

鼻炎薬をのんだら眠くなった、そんな経験はありませんか?
抗ヒスタミン薬には第1世代と第2世代の2つの世代があります。第2世代の抗ヒスタミン薬の多くは、第1世代の抗ヒスタミン薬に比べて、眠気や集中力の低下(鈍脳)が軽減された非鎮静性抗ヒスタミン薬と呼ばれる新しいタイプとなっています。

ヒスタミンは、ヒスタミン受容体と結合すると、アレルギー反応を引き起こします。しかし、ヒスタミンは脳内では集中力・判断力・作業能率や覚醒の維持に関与していることがわかっています。
第1世代の抗ヒスタミン薬では、眠くなったり頭がぼんやりしたりするとされていたのは、抗ヒスタミン薬が脳内にも入り込み、脳内でヒスタミンの働きも抑えてしまっていたからです。そうした中、非鎮静性抗ヒスタミン薬は、血液脳関門を通りにくい特長を持っているため、脳内に入りにくく、脳内のヒスタミンの働きを阻害する事がほとんどないため眠気や集中力の低下が起こりにくいとされています。さらに、第2世代の抗ヒスタミン薬は、全般的に口が乾きにくいという特長もあります。