症状・疾患を知ろう

乗り物酔い

せっかくの旅行やレジャーが「乗り物酔い」のために台無しに…。そんな経験をおもちの方も多いはずです。「乗り物酔い」のメカニズムを理解して、しっかり対策を立てましょう。

乗り物酔いの図版

乗り物酔いとは

乗物酔いは、乗物などの揺れによって起こる症状のことで、医学的には「動揺病」「加速度病」とも呼ばれます。旅行や出張などでバスや車、電車、飛行機などに長時間乗った際に起こりやすく、また、船釣りや遊園地のアトラクションなどでもみられます。

典型的な症状は、あくび、唾液の分泌増加、胃の違和感などに始まり、次第に気分が悪くなり、吐き気や嘔吐に至ります。特に夏場は乗物酔いによる嘔吐から脱水をまねきやすいので、注意が必要です。

乗り物酔いの原因とメカニズム

乗物の揺れや加減速で起こる自律神経の乱れの図版

乗物の揺れや加減速で起こる自律神経の乱れ

乗物酔いは、乗物の揺れ、特に不規則な加速・減速の反復が、内耳のある三半規管や前庭を刺激することによって起こります。内耳への刺激が自律神経系や平衡感覚の乱れを引き起こし、その結果、顔面蒼白、冷汗、頭痛、吐き気、嘔吐といった乗物酔いの症状があらわれます。また、視覚や嗅覚からの不快感、精神的ストレスや酔うかもしれないという不安感も乗物酔いの発現に関与しているといわれています。

酒酔いと乗物酔いのちがいは?

同じ"酔い"でも、お酒に酔ったときはアルコールの作用によって脳の活動が抑制されています。また、お酒で悪酔いしたときの嘔吐は、アルコールが分解される過程でできるアセトアルデヒドの作用によるもので、自律神経系の乱れによっておこる乗物酔いとはまったくメカニズムが異なることがわかります。

乗り物酔いを防ぐ5ヶ条

1. 十分に睡眠をとる

睡眠不足やストレス、過労などを避け、その日に向けて体調を整えましょう。

2. 消化のよいものを食べておく

乗る前の食べ過ぎは禁物ですが、空腹も逆効果です。消化の良い食事を適量とり、胃腸の調子を整えておきましょう。

3. 揺れの少ない席を確保する

バスは中央付近の通路側の席が揺れが少ないといわれます。電車では進行方向に向いた席に座りましょう。

乗物酔いの薬を予防的に服用の図版

4. 気分をまぎらわす

視覚や嗅覚などへの刺激は、平衡感覚への刺激と相まって、乗物酔いを助長します。遠くの景色を眺める、おしゃべりをするなど楽しい時間を過ごすことを心がけましょう。

5. 乗物酔いの薬を予防的に服用

乗物酔いの薬は、乗る30分前に予防的に服用するのが効果的。また、酔ってからでも効果がありますので、乗物酔いになってしまったときの対策としても有効です。

乗り物酔い薬のはたらき

抗ヒスタミン作用(成分例:マレイン酸フェニラミンなど)
嘔吐中枢を抑制し、吐き気、めまいなどの症状を予防したり和らげます。

副交感神経遮断作用(成分例:スコポラミン臭化水素酸塩水和物など)
副交感神経の働きを抑制し、自律神経系のバランスを正常化します。

胃粘膜局所麻酔作用(成分例:アミノ安息香酸エチルなど)
胃に直接作用し、胃粘膜の知覚神経を麻痺させることで、嘔吐を抑えます。