一時的な不眠とは|症状・疾患を知ろう【エスエス製薬】

TOP > 症状・疾患を知ろう > 一時的な不眠 > 一時的な不眠とは
  • twitter投稿
  • LINEで送る

一時的な不眠

一時的な不眠とは

毎日ではないけれど、なかなか眠れない。ちゃんと寝たはずなのに、疲れが残っている。そんな症状があっても、「毎日じゃないから大丈夫」「週末に寝だめするから大丈夫」...などと放置してはいませんか。

かくれ不眠とは、慢性的な不眠ではなく、専門的な治療をするほどではないけれど、睡眠に悩みや不満を抱え、日常生活に影響がある、また、そんな状態にもかかわらず、睡眠の重要性に対して認識の低い状態のことを指します。睡眠は、食事や運動と同様に、健康維持のために不可欠の要素。けっして放っておかず、自分の眠りへの意識を改めて見直すことが大切です。

かくれ不眠の位置づけ

不眠症 かくれ不眠 単なる寝不足
●不眠状態の継続性
 (週2回以上、1ヶ月継続)
 不眠状態とは...
 ・入眠障害(2時間以上)
 ・中途覚醒(2回以上)
 ・熟眠障害
 ・早朝覚醒(2時間以上)
●不眠のために苦痛を感じる
または、社会生活・職業機能が妨げられる (日本睡眠学会定義)
●軽度かつ短期の不眠状態

●日中の活動に影響(支障)が出る

●不眠には気づいて悩んでいる ないしは気づかず放置している
●特に定義はない

●深刻さはない

●不快感はある

※不眠症の疑いがある人は専門医を受診しましょう。

かくれ不眠は、なかなか自覚することができないため、単なる寝不足と見分けがつかない人も少なくありません。 【かくれ不眠チェックシート】で睡眠チェックをしてみましょう。

かくれ不眠チェックシート
  • 思ったより早く起きてしまうことがある
  • 寝る時間は、毎日ばらばらだ
  • 平日はあまり寝られないが、休日に寝だめする
  • 仕事が忙しく、つい深夜まで頑張ってしまう
  • 自分は寝なくても平気なほうだ
  • 集中力が続かず、イライラすることが多い
  • なかなか寝つけないことがよくある

上記のうち、ひとつでも当てはまるものがあれば、かくれ不眠の可能性があります。また、その症状や傾向 から、日常の生活や仕事が忙しく、睡眠が削られている「生活不規則」タイプ、眠らなくても大丈夫、寝る 時間を惜しんでも頑張らなければという「自分は大丈夫」タイプ、不十分な睡眠によってイライラしたり、 無気力になったりとストレスが顕在化している「高ストレス」タイプ、眠っているはずなのに「眠りが浅い」 タイプ、軽微な症状だが睡眠について何らかの悩みがある「初期かくれ不眠」タイプ...と、概ね5つのタイ プに大別されます。自分の眠りへの意識を改め、生活リズムや習慣などを見直すことに役立てましょう。

エスエス製薬の「一時的な不眠」に関連する製品のブランドサイト

ドリエル ブランドサイト

ドリエル

いい目覚めは、
いい眠りから。

ブランドサイトページへリンク

エスエス製薬の「一時的な不眠」関連の製品

一時的な不眠とは