1. トップ
  2. 胃痛に速攻!胃酸の中和や分泌を抑制するガストール製品情報

胃痛に速攻!胃酸の中和や分泌を
抑制する
ガストール製品情報

ガストール細粒の製品概要はこちら

ガストール錠の製品概要はこちら

胃痛に速攻
  • ガストール細粒製品画像
  • 製品概要はこちら
  • ガストール錠製品画像
  • 製品概要はこちら

胃酸は食物の消化に必要なものですが、ストレスや飲み過ぎなどにより必要以上に分泌されると胃粘膜を攻撃し、胃痛・胸焼け・胃もたれ・むかつきなどつらい胃の症状を引き起こします。ガストール細粒/ガストール錠は、M1ブロッカーと2種類の制酸成分を配合。制酸成分が出すぎてしまった胃酸を中和、そしてM1ブロッカーが過剰な胃酸分泌を抑制することでつらい胃の症状に効果を発揮します。

胃痛に速攻!ガストールが効く3つの特長

胃痛に速攻!ガストールが効く3つの特長 すばやく胃酸を中和! 胃酸分泌を元からブロック! 荒れた胃を保護する!

すばやく胃酸を中和! すぐに働く制酸成分を2種配合しています。

胃痛の原因は出過ぎた胃酸が胃を攻撃することで起こります。2種類の制酸成分(炭酸水素ナトリウム・メタケイ酸アルミン酸マグネシウム)が、服用直後から出過ぎた胃酸を効果的に中和して痛みを抑えます。

制酸成分が胃酸を中和 制酸成分が胃酸を中和

胃酸分泌を元からブロック! 「M1 ブロッカー」が過剰な胃酸分泌を元から抑えます。

過剰な胃酸分泌による胃痛は、食後に治まり空腹時にひどくなる傾向があります。
ブロッカータイプの胃腸薬は、胃酸の分泌を元から抑えるので、食後から空腹時にかけて、しっかりと痛みを抑えます。

M1ブロッカーが胃酸分泌を抑制 M1ブロッカーが胃酸分泌を抑制

M1ブロッカーのメカニズム

胃酸は、胃の壁にある胃酸を分泌する「壁細胞」から分泌されます。
「M1受容体」と呼ばれるスイッチが働くことによって、胃酸が分泌されていきます。

M1受容体(スイッチ) M1受容体(スイッチ)

ガストールの主成分であるM1ブロッカーが、この胃酸分泌を促進するスイッチである「M1受容体」をブロックし、過剰な胃酸の分泌を抑制します。
※M1ブロッカー:成分名ピレンゼピン塩酸塩水和物

M1受容体ブロック M1受容体ブロック

荒れた胃を保護する! 「M1 ブロッカー」ピレンゼピン塩酸塩には、胃の粘膜を保護する働きもあります。

ピレンゼピン塩酸塩は、胃酸の分泌を抑える攻撃因子抑制作用だけでなく、胃粘液の分泌を増やす防御因子増強作用も併せ持っています。 又、メタケイ酸アルミン酸マグネシウムも、制酸作用とともに胃粘膜保護作用を持っています。つまり、胃が傷つく事を防ぐだけでなく、荒れた胃を守って修復する作用もあります。

ピレンゼピン塩酸塩とメタケイ酸アルミン酸マグネシウムによる胃粘膜保護 ピレンゼピン塩酸塩とメタケイ酸アルミン酸マグネシウムによる胃粘膜保護

こんな方にオススメです!

  • 胃がギューッと痛くなる
  • 胃が焼けるような不快感を感じる
  • 胃が重く感じる
  • 胃がムカムカして吐き気を感じる
  • 胃酸が逆流して、胸焼けを感じる
関連リンク

ページトップへ