• トップ
  • 胃痛の原因と対策:胃痛の対処法
  • チェック

胃痛の対処法

胃痛を軽減する生活習慣

胃の健康を保つためには、普段の生活の中でできるだけストレスの軽減に努め、食生活の改善、禁煙、十分な睡眠時間の確保など、胃に負担をかけないように心がけることが大切です。

①ストレスの解消

ストレスを感じると、胃酸分泌が過剰になり胃痛を引き起こします。日常でストレスを感じないということはまず不可能に近いと思いますが、適度な運動、気分転換などたまったストレスを解消する方法を自分なりに見つけるように心がけましょう。
ストレスの解消 イメージ図

②胃に優しい食事

脂肪分の多い食材や揚げ物などは、消化に時間がかかるため、胃酸を多く分泌させます。また、アルコール、コーヒー、紅茶、緑茶なども、摂りすぎると胃酸を多く分泌させてしまいます。その他、チョコレート、ケーキなどの糖分の多いもの、お酢やオレンジなどの柑橘類、香辛料などの刺激物も摂りすぎないようにするとよいでしょう。

逆に、胃にやさしいものは、糖分や脂肪分、刺激物が少ない食材で、やわらかく消化が早いものです。豆腐、白身魚、鳥のささみ、おかゆ、雑炊などを毎日の食事に取り入れましょう。果物ではバナナやりんごなどがおススメです。

胃に優しい食事 イメージ図

③十分な睡眠

胃の働きは自律神経(交感神経と副交感神経)が関わっています。睡眠不足が続くと、起きている時に活動する「交感神経」と寝ている時に活動する「副交感神経」のバランスが崩れて、胃の働きに影響を及ぼします。自律神経のバランスを整えるには、まずは十分な睡眠を心がけましょう。
十分な睡眠 イメージ図

④喫煙者は禁煙を

喫煙すると血管が収縮しますが、胃粘膜にある血管も同様に収縮するため、血液循環が悪くなり、胃粘膜の抵抗力を低下させてしまいます。
さらに喫煙は胃酸分泌を促進するため、これによって胃粘膜が攻撃され、胃痛を引き起こします。喫煙者の多くは、習慣化しているため、その状態が長く続くと胃痛の症状を悪化させてしまう恐れがあります。少しずつでも禁煙を心がけていきましょう。
喫煙者は禁煙を イメージ図

ガストール

ガストールアクティブ