アロエエキス/薬の成分ディクショナリー【エスエス製薬】

TOP > 薬の成分ディクショナリー > アロエエキス
  • twitter投稿
  • LINEで送る
薬の成分ディクショナリー

アロエエキス[あろええきす]

作用と特徴

アロエはアフリカ原産のユリ科の多年草で、アロエエキスはその葉汁を乾燥させたものを指します。一般用医薬品としては便秘薬にも使用され、アロエの苦み成分でもあるアロインという物質が便をやわらかにし、大腸のぜん動運動を起こしてスムーズな便通をつける働きをします。また、便秘にともなう肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常発酵などの緩和が期待されています。

※この内容は成分の一般的な特徴について記したものです。製品の効能とは異なる場合がありますので、詳しくは製品の解説をご確認ください。

アロエエキスを含む主な製品

ブランドサイト
  • ハイチオールシリーズ
  • EVEシリーズ
  • エスカップ
  • アレジオン10
  • アンチスタックス
  • ドリエル
  • エスタック
  • スルーラック
  • ガストール
  • ラカルト・ニュー5
  • アネロン