食べすぎ・飲みすぎには、シグナル胃腸薬「顆粒」(シグナル:シリーズ) /製品情報【エスエス製薬】

TOP > 製品情報 > シグナル:シリーズ > シグナル胃腸薬「顆粒」
  • twitter投稿
  • LINEで送る

胃腸薬
シグナル胃腸薬「顆粒」

  • 第2類医薬品
  • 顆粒
  • 5才以上

シグナル胃腸薬「顆粒」画像

シグナル胃腸薬「顆粒」剤型画像

白色~淡黄色・淡褐色顆粒剤

食べすぎ・飲みすぎなどによる
胃もたれ・胸やけ・胃の痛みに、
すばやく溶ける顆粒タイプ。
添付文書を見る

シグナル胃腸薬「顆粒」は、制酸剤主体の顆粒がすばやく溶けて胃液のペーハーを調整し、消化酵素や健胃生薬などが効率よく作用するよう工夫された、のみやすい顆粒剤の胃腸薬です。3種類の制酸剤が胃液のペーハーを適度に保ち、胸やけ・げっぷ・胸つかえなどの過酸症状をしずめ、4種類の消化酵素が消化を助け食べすぎ・飲みすぎなどによって起こる胃もたれ・胸やけ・むかつきを抑えます。さらに、胃粘膜修復剤アルジオキサが荒れた胃の粘膜を正常な状態に近づけるよう作用し、ロートエキスが胃液の過剰分泌を抑え、胃の痛みをしずめます。

こんな方におすすめ/こんな時におすすめ

・食べすぎ、飲みすぎによる胃もたれ、胃痛、胸やけ、胸つかえ、げっぷ 、はきけがある時に

  • シリーズ製品一覧へ
  • 製品詳細
  • 使用上の注意

この製品のよくあるお問い合わせ

効能・効果

○食べすぎ、飲みすぎ、消化不良、消化不良による胃部・腹部膨満感、消化促進、食欲不振
○胃もたれ、胃重、胃部不快感、胃弱
○胸やけ、胸つかえ、胃酸過多、げっぷ
○胃痛
○はきけ(むかつき、胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)、嘔吐

製品特長

特長1
4種類の消化酵素と3種類の制酸剤が胃もたれ・胸やけを抑える
特長2
荒れた胃粘膜を正常な状態に近づける胃粘膜修復成分も配合
特長3
制酸剤主体の顆粒がすばやく溶ける、のみやすい顆粒剤の胃腸薬

食べすぎによる胃もたれ、胃痛に効きます

用法・用量

次の1回量を、1日3回食後に水又はぬるま湯で服用してください。

年齢成人(15才以上)8~14才5~7才5才未満
1回量1包1/2包1/3包×服用しないこと

[ 用法・用量に関連する注意 ]

  • (1) 用法・用量を厳守してください。
  • (2) 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分 1包(1.65g)中

成分 分量 はたらき
ジアスメンSS 50mg 食物の消化をうながします。
ビオヂアスターゼ1000 40mg 食物の消化をうながします。
プロザイム6 5mg 食物の消化をうながします。
リパーゼAP6 10mg 食物の消化をうながします。
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 300mg 出過ぎてしまった胃酸を中和します。
炭酸水素ナトリウム 400mg 出過ぎてしまった胃酸を中和します。
沈降炭酸カルシウム 300mg 出過ぎてしまった胃酸を中和します。
ロートエキス 10mg 胃液の過剰分泌を抑え、胃の痛みを鎮めます。
アルジオキサ 30mg 荒れた胃の粘膜を正常な状態に近づけるように作用します。
ガジュツ末 60mg 胃腸の動きを活発にし、弱った胃腸機能を回復させます。
カンゾウ末 120mg 荒れた胃の粘膜を正常な状態に近づけるように作用します。
オウバク末 30mg 胃腸の動きを活発にし、弱った胃腸機能を回復させます。
ゲンチアナ末 20mg 胃腸の動きを活発にし、弱った胃腸機能を回復させます。
ショウキョウ末 10mg 胃腸の動きを活発にし、弱った胃腸機能を回復させます。
チョウジ油 0.73mg 胃腸の動きを活発にし、弱った胃腸機能を回復させます。
ケイヒ油 3.6mg 胃腸の動きを活発にし、弱った胃腸機能を回復させます。
l-メントール 2.4mg 胃腸の動きを活発にし、弱った胃腸機能を回復させます。

添加物:カルメロースCa、無水ケイ酸、乳酸Ca、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ポビドン、D-マンニトール、バレイショデンプン、ウイキョウ油、ショウキョウ油

容量・価格

容量希望小売価格
18包税込1,026円(税抜950円)
36包税込1,944円(税抜1,800円)
  • 製品詳細
  • 使用上の注意

この製品のよくあるお問い合わせ

  • 製品詳細
  • 使用上の注意

この製品のよくあるお問い合わせ

使用上の注意

[してはいけないこと]

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)

  • 1. 次の人は服用しないでください
    透析療法を受けている人。
  • 2. 本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください
    胃腸鎮痛鎮痙薬
  • 3. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください
    (母乳に移行して乳児の脈が速くなることがあります。)
  • 4. 長期連用しないでください

[相談すること]

  • 1. 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    • (1) 医師の治療を受けている人。
    • (2) 妊婦又は妊娠していると思われる人。
    • (3) 高齢者。
    • (4) 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
    • (5) 次の症状のある人。 排尿困難
    • (6) 次の診断を受けた人。 腎臓病、心臓病、緑内障、甲状腺機能障害
  • 2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    • 関係部位症状
      皮膚発疹・発赤、かゆみ
  • 3. 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
    口のかわき、便秘、下痢
  • 4. 2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

[その他の注意]

  • 母乳が出にくくなることがあります。

保管及び取扱い上の注意

  • 1. 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
  • 2. 小児の手の届かない所に保管してください。
  • 3. 他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
  • 4. 1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に服用してください。
  • 5. 使用期限をすぎたものは服用しないでください。
  • 製品詳細
  • 使用上の注意

この製品のよくあるお問い合わせ

製品に関する掲載情報は、すみやかに最新情報に更新するように努力しておりますが、実際の製品表示(パッケージの表示や添付文書等)とは異なる場合もあります。ご使用に当たっては、お手持ちの製品表示をよくお読みください。※全ての製品に添付文書があるわけではありません。

このページのTOPへ

こっちもCHECK♪♪

シリーズ製品 シリーズ製品一覧へ

  • 第2類医薬品

おすすめ関連製品

  • 第2類医薬品
  • 指定医薬部外品

※「おすすめ関連製品」は現在閲覧されている製品のカテゴリに近い製品をランダムに表示しています。併用を薦めるものではありません。