1. ハイチオールトップ>
  2. 肌トラブルの症状と原因>
  3. シミの種類と対策>
  4. 炎症後色素沈着

炎症後色素沈着
えんしょうごしきそちんちゃく

  • Check

ニキビや傷、虫さされなどの炎症が肌に発生し、その跡がシミになって
色素沈着したものが炎症後色素沈着です。

Check!

  • ニキビ、虫さされなどの炎症が起きた後にできた。
  • 炎症の赤みがひいてからシミが発生した。
  • シミの色は薄い茶色、または黒っぽい茶色である。

原因とメカニズム

肌にできたニキビや傷、虫さされ、かぶれ、湿疹、やけどなどの炎症が原因で発症するシミです。黄色人種の日本人は、黒いメラニンが多いため炎症後色素沈着が目立ちやすいとされています。
肌に炎症が起きた時、メラニン色素を作り出すメラノサイトが刺激を受けてメラニン色素が合成されます。そのメラニン色素が肌に残ってしまったものが、炎症後色素沈着です。肌の炎症が治まり赤みがひいてから、シミが現れます。
つぶしたニキビ跡はシミになることが多く、紫外線に当たると色素沈着しやすいので注意してください。

また、洗顔やクレンジングで肌を過度にこすっている場合や、強い力でフェイスマッサージをするなど誤ったスキンケアで炎症ができ、炎症後色素沈着になる事があります。むだ毛を毛抜きで抜いたために毛穴の周囲に炎症が発生して、黒い跡が残るのも炎症後色素沈着のひとつです。
炎症後色素沈着は時間の経過で自然に消えることが多いですが、消えるまでに数年かかることもあります。また、日焼けにより色素沈着がより強くなり、消えにくくなる場合もあります。

対策

炎症した患部は紫外線対策を

炎症部分に紫外線が当たった場合に色素沈着を起こしやすいので、日焼け対策を行ってください。ニキビができた時はニキビ治療とともにUVケアも念入りに行い、傷跡にはテープを貼って紫外線を防ぐなどの対処をしましょう。

イメージ図

ターンオーバーで色素沈着をケア

メラニン色素の合成を抑制するビタミンCの摂取もおすすめです。ターンオーバーが乱れると色素沈着が消えにくくなる場合もあるため、L-システインなどターンオーバーの働きを助ける栄養成分も補い、早めの対策でシミをケアするといいでしょう。

関連製品

  • ハイチオールCホワイティア
  • ハイチオールBクリア
  • Check