肌荒れの原因③バリア機能の低下

  • Check

「バリア機能の低下」も肌荒れをまねく

肌は本来、外部刺激から肌を守る「バリア機能」を備えています。肌表面にあるわずか0.02mmの角質層が、うるおいを蓄え、乾燥や外部刺激から肌を守る働きをもっているのです。すこやかで美しい肌を保つためには、このバリア機能がきちんと働く状態をキープしておくことが大切です。

しかしながら、何らかの原因で、肌の油分と水分のバランスが崩れてしまうと、バリア機能が低下し、肌荒れの原因につながります。肌のバリア機能をキープするために、栄養のとれた食生活を心がけ、強い外部刺激(紫外線、摩擦、乾燥など)から肌を守りましょう。

肌荒れの原因③バリア機能の低下

直接的な刺激

女性の肌はとてもデリケート。肌が脂っぽかったり、ゴワゴワするからといって、洗顔のしすぎや過度なピーリングは禁物です。肌のバリア機能に必要な角質を剥がしてしまい、ターンオーバーのサイクルを無理に早めてしまいます。熱いお湯での洗顔や、タオルでの摩擦にも注意してください。自分の肌に合わない洗顔料、化粧水、クリームなどによるスキンケアも、肌トラブルにつながるので控えましょう。

環境的な刺激

紫外線、花粉アレルギー、PM2.5などによる環境的な刺激も、肌荒れの原因になる場合があります。日差しの強い日は日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗るなどして、紫外線ケアを心がけましょう。

また、花粉の飛ぶ季節や風の強い日などには、必要に応じて、マスクやサングラスなどでカバーすることも、肌を守る方法の一つです。

環境的な刺激

関連リンク

関連リンク

肌荒れの原因①ターンオーバーの乱れ

肌荒れの原因①
ターンオーバーの乱れ

肌荒れの原因②ホルモンバランスの不調

肌荒れの原因②
ホルモンバランスの不調

  • Check