1. ハイチオールトップ>
  2. 肌トラブルの症状と原因>
  3. シミの種類と対策

シミの種類と対策

  • Check

肌トラブルの中でも多くの方が悩むものの一つに「シミ」があります。
「シミ」にはさまざまな種類があり、タイプによって原因や対策も少しずつ異なります。
シミを改善するためには、肌とシミについての正しい知識を身につけて、適切な対処をすることが大切です。
代表的な4種類のシミについて紹介します。自分のシミはどのタイプなのか把握しましょう。

ろうじんせいしきそはん 老人性色素斑(日光性黒子)

シミの中で最も多いのが老人性色素斑です。一般的にシミと呼ばれているのがこのタイプです。

えんしょうごしきそちんちゃく 炎症後色素沈着

ニキビや虫刺されなどの炎症が跡になり、茶色のシミになって現れたものです。

かんぱん 肝斑

ほお骨あたりに左右対称で現れる場合が多数です。女性ホルモンのバランスの乱れが原因です。

じゃくらんはん 雀卵斑(そばかす)

顔全体に薄褐色の小さな斑点ができます。遺伝的な要因があり、色白の人に多く見られます。

関連リンク

  • ハイチオールC ホワイティア
  • ハイチオールC プラス
  • ハイチオールQ&A
  • ハイチオールBクリア
  • Check