肌荒れの原因②ホルモンバランスの不調

  • Check

ホルモンバランスのグラフ

生理前後のホルモンバランス

生理前になると、卵胞ホルモンが減り、黄体ホルモンのほうが多くなります。黄体ホルモンは、男性ホルモンと似た働きがあるため、皮脂の量が増え、顔が脂っぽくなったり、毛穴がつまりやすくなったりして、肌トラブルがおきやすくなります(肌の不安定期)。
逆に、生理が終わった後の約一週間は、卵胞ホルモンが多くなり、それに伴って肌のバリア機能が高まって、肌のキメが整いやすくなる時期といえます(肌の好調期) 。 

生理前の肌荒れを緩和するには、ホルモンバランスを整える効果があるといわれるイソフラボンを多く含む大豆製品や、アボカドなどのビタミンEを多く含む食材を意識的に摂るといいでしょう。

また、生理前のこの時期は、肌だけでなく、心もストレスがたまりがち。好きな音楽を聴いたり、アロマオイルを焚くなど、自分にあったリフレッシュ方法を実践してみましょう。

関連リンク

関連リンク

肌荒れの原因①ターンオーバーの乱れ

肌荒れの原因①ターンオーバーの乱れ

肌荒れの原因③バリア機能の低下

肌荒れの原因③バリア機能の低下

  • Check