1. ハイチオールトップ>
  2. 肌トラブルの症状と原因>
  3. シミの種類と対策>
  4. 老人性色素斑

老人性色素斑(日光性黒子)
ろうじんせいしきそはん

  • Check

シミの中でいちばん一般的なタイプです。これまでに浴びた紫外線や加齢が主な原因で、時間の経過によって現れるシミです。
「日光性黒子」とも呼ばれています。

Check!

  • 数ミリから数センチ前後の丸いシミ(色素斑)がある。
  • 最初は薄茶色だったが、徐々に濃くクッキリしてきた。
  • 顔のほお骨まわりなどに多くできている。
  • 30代以降、増えてきた。

原因とメカニズム

イメージ図

紫外線を浴び続けた積み重ねによってできるシミが、老人性色素斑です。30代以降から現れることが多いですが、20代でも見られる場合があります。日焼け後にすぐシミになったわけではなく、紫外線による肌へのダメージが長年にわたり徐々に肌に蓄積されたことが原因で、水がめの水があふれるようにシミとなって出てきます。
紫外線に当たった肌は、細胞を傷つけないようにメラニン細胞を活性化させてメラニンを生成します。つくられたメラニンは、本来ターンオーバーによって角質とともに垢となって排出されます。しかし紫外線を浴びすぎたり、加齢によって代謝が落ちたりするとメラニンの生成がとまらなくなり、ターンオーバーで排出しきれず、肌に色素沈着として残り、シミになります。
紫外線が当たりやすい部分に出やすく、顔をはじめとして、手の甲や背中、デコルテなどにも現れることがあります。

対策

紫外線対策を万全に

紫外線対策を万全に

老人性色素斑の予防と悪化させないための対策は、日焼けしないことです。日傘、UV加工の帽子や衣服などで紫外線をカットし、日焼け止めクリームなどでUVケアをしてください。シミは紫外線の蓄積によって発生するため、日頃から過度に紫外線を浴びないよう、こまめに注意することが大事です。

肌代謝の促進と抗酸化でケアイメージ図

肌代謝の促進と抗酸化でケア

できてしまったシミを薄くしたい方は、肌のターンオーバーを促進するL-システインとビタミンCを摂取するといいでしょう。
また、L-システインは紫外線が生み出す活性酸素を除去して、紫外線から細胞を守る働きもあると言われています。同じように活性酸素を除去する成分として、緑茶などに含まれるポリフェノールやトマトなどに含まれるリコピンがあります。

関連製品

  • ハイチオールCホワイティア
  • ハイチオールCプラス
  • Check