乗り物酔いの症状とメカニズムについて

乗り物酔いの主な症状

乗り物酔いの症状は、段階によって変化します。

  • 酔いの前兆

    乗り物酔いの兆候として、まず「めまい」「生あくび」「生つば」などの初期症状が現れます。

    酔いの前兆のイメージイラスト
  • 症状の発症

    次第に「頭痛」「顔面蒼白」「冷や汗」「吐き気」「胃の不快感」といった諸症状をもよおします。

    症状の発症のイメージイラスト
  • 症状の悪化

    乗り物酔いの症状が悪化すると、「嘔吐」を引き起こします。
    あまりにも嘔吐を繰り返すと、脱水症状になる場合もあります。

    症状の悪化のイメージイラスト

乗り物酔いのメカニズム

乗り物酔いには耳、目、脳などが関係しています。
一般的には、耳と目のそれぞれから脳に送られる情報のズレにより混乱が生じることで、自律神経がうまく機能しなくなり、乗り物酔いを引き起こすと言われています。

乗り物酔いと耳との関係

耳で関係するのは内耳にある耳石器(じせきき)と三半規管で、体のバランスを保つ平衡感覚をつかさどる重要な役割を果たしています。

内耳の図解
イメージ図
耳石器(じせきき)とは?

耳石器には、平衡砂と呼ばれる炭酸カルシウムの結晶が入っており、この動きによって体の直線方向の動きを感知しています。

三半規管とは?

三半規管にはリンパ液が入っており、リンパ液の流れから体の回転を感じ取っています。

耳石器と三半規管がなぜ乗り物酔いに関係するのか?

耳石器と三半規管でとらえられた体の位置、揺れやスピードなどの情報は脳へと伝えられますが、乗り物による不規則な加速・減速、発車や停車の繰り返し、右・左折や曲がりくねった道などによる前後左右上下への揺れなどが過度に生じると、脳への情報量が過剰になったり、耳がとらえた情報と実際に目から入る情報とにズレが生じたりすることになります。
すると、脳が情報を処理しきれなくなり、心臓や血管などの循環器や胃や腸などの消化器をコントロールしている自律神経の働きが乱れることで、冷や汗胃の不快感を始め、さまざまな乗り物酔いの症状を招きます。
自律神経の乱れは嘔吐中枢を刺激し、吐き気嘔吐といった症状ももたらします。

不安やストレスなども乗り物酔いの原因かも?

乗り物の加速や振動のほかに、精神的な不安が乗り物酔いを助長したり、誘発したりすることもあります。
いつも乗り物酔いに悩まされている人には、過去の乗り物酔いの記憶がプレッシャーやストレスとなって、乗り物酔いを引き起こす原因となっていることも少なくありません。