1. ハイチオールトップ>
  2. 肌トラブルの症状と原因>
  3. シミの種類と対策>
  4. 雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(そばかす)
じゃくらんはん

  • Check

顔に小さな斑点が広がるそばかすは、遺伝で発生するシミと言われています。
雀の卵殻に似ているため雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれています。

Check!

  • 鼻を中心に、小さな斑点が散らばるようにある。
  • 家系にそばかすの人がいる。
  • 小児期の頃からでき始めた。

原因とメカニズム

一般的には小さなシミを指してそばかすと言う場合がありますが、厳密には遺伝で現れる細かい褐色の斑点がそばかすです。白人に多く見られ日本人では色白の人にできやすい傾向があります。
でき始めるのは10代の頃からで、鼻のまわりから顔中に細かい薄褐色のシミが散らばるように発生します。顔の他には、背中、胸元、肩、腕など、紫外線に当たりやすい場所にそばかすが現れることがあります。

対策

濃くしないために紫外線対策を

そばかすは遺伝が主な原因であり、完全に防ぐことは難しいと言えますが、濃くしない方法はあります。そばかすは日焼けで濃くなる場合が多いので、紫外線対策が肝心です。衣服や日焼け止めクリームで、日常のUVケアを充分に行ってください。

イメージ図

ターンオーバーの正常化でケア

できてしまったそばかすを薄くするには、L-システインやビタミンC、そしてビタミンEを摂るのがおすすめです。これらはメラニン色素の生成を抑えてくれます。また、ターンオーバーの働きを助けてメラニンを排出してくれます。

関連製品

  • ハイチオールCホワイティア
  • ハイチオールC
  • Check