乗り物酔いの原因とは?

乗り物酔いとは?

乗り物酔いのメカニズムの図説
※拡大してご覧いただけます。

乗り物酔いは、車やバス電車など乗り物の揺れ、不規則な加速・減速の反復が内耳の三半規管や前庭を刺激することによって起こる自律神経系の病的反応です。
内耳への刺激が、自律神経系や平衡感覚の乱れを引き起こし、その結果、めまいや吐き気・嘔吐などの乗り物酔いの症状があらわれます。

乗り物酔いの症状とメカニズム


また、視覚や嗅覚からの不快感やストレス・不安などの精神的因子も乗り物酔いに関与していると言われています。
医学的には「動揺病」「加速度病」とも言われ、乗り物によって、車酔い、船酔い、空酔いと呼び分けることもあります。

乗り物酔いを起こす要因

  • 疲れや睡眠不足などの体調不良
  • 乗り物内のよどんだ空気
  • 不快に感じられる温度・湿度
  • ガソリンなどの不快なにおい

また、乗り物に乗っている最中のゲームや読書なども、視野が狭くなることで外部の状況に適応することが難しくなるため、乗り物酔いを引き起こす要因となることがあります。

コラム 乗り物酔いではなく病気の可能性も?

体調不良や寝不足などの状況によって生じる一時的な乗り物酔いではそれほど心配する必要はありませんが、急に乗り物酔いをするようになったり、頻繁に乗り物酔いを繰り返したり、大人になっても続いたりする場合には、耳や脳に関係する別の病気が潜んでいることもあるため、注意が必要です。
症状がひどい場合には医療機関を受診して、適切な診断と治療を受けることを考えましょう。