2014/9/2 男女840人に聞いた「胃の不調に関する意識と実態調査」(ニュースリリース)/企業情報【エスエス製薬】

TOP > 企業情報 > ニュースリリース > 2014年 > 2014/9/2 男女840人に聞いた「胃の不調に関する意識と実態調査」
  • twitter投稿
  • LINEで送る

2014年ニュースリリース

全国の胃もたれ経験者 20代~60代 男女840人に聞いた
「胃の不調に関する意識と実態調査」

年々、胃は衰えている!?
約7割が「以前と比べて胃の不調を感じている」

  • ● 不調を加齢によるものと自覚している人はまだ5割強
  • ● 昔より胃が弱くなったと自覚する年齢は平均「39歳」
  • ● 胃の不調は、パフォーマンスを平均40%低下させる

エスエス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋利哉)は、「胃もたれ」「胃が重い」「胃弱」など日本人の多くが訴える胃の不調に関する意識と実態を探ることを目的に調査を実施致しました(調査対象:予備調査/全国の20代~60代男女20,000 人、本調査/20代~60代男女で、過去1年以内に「胃もたれ・胃が重い」「胃弱」を経験した840人)。

厚生労働省の「国民生活基礎調査」によれば、胃もたれや胸やけを訴える割合は年齢とともに増加し、男性は60代で、女性は50代で、それぞれ3人に1人の割合にのぼっています。加齢に伴う胃の機能低下が一因とみられることから、社会の急速な高齢化に伴い、胃もたれはまさに国民病ともいえる健康課題となっています。

本調査では、胃もたれのある人の約7割が「以前と比べて胃の不調を感じる」と回答しています。また、以前と比べた胃の変調は平均「39歳」から始まっていることなどがわかりました。調査結果の概要は以下の通りです。

2014年9月2日
エスエス製薬株式会社

■調査結果サマリー

  • ✓  胃もたれの7割以上を占める!? 以前と比べて増えた胃の不調
  • ✓  胃の不調の原因を「加齢」と考えている人は2割弱
  • ✓  昔より胃が弱くなったと自覚する年齢は平均「39歳」
  • ✓  胃の不調が加齢によるものと自覚している人はまだ半数強
  • ✓  胃の不調は、5日に1回のペースで襲ってくる
  • ✓  「朝起きた時」や「夕食を食べている時」の胃もたれで昔に比べ胃の不調を実感
  • ✓  胃の不調によってパフォーマンスは40%も低下
  • ✓  胃の不調時の対応は、「市販の胃薬」が最多

「胃の不調に関する意識と実態調査」詳細レポート(408KB)PDF

ニュースリリース一覧に戻る