2013/04/24 足のむくみに関する実態調査(ニュースリリース)/企業情報【エスエス製薬】

TOP > 企業情報 > ニュースリリース > 2013年 > 2013/04/24 足のむくみに関する実態調査
  • twitter投稿
  • LINEで送る

2013年ニュースリリース

足にむくみのある全国の女性1,000人に聞いた足のむくみに関する実態調査

女性の半数(50.8%)が足のむくみ持ち
足のむくみ対策への満足度は4割に満たず

知られていない『慢性静脈不全』 罹患率は人口の40~50%と専門家は警鐘
足のむくみを病気と疑った人は1割(10.6%)

知られていない静脈の重要性 あなたの足のむくみは"血管性むくみ"かも?
静脈が足のむくみの原因になることを知っている人は3割

エスエス製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋利哉)では、足のむくみについての意識と実態を探ることを目的に調査を行いました(調査対象:予備調査/全国の20~50代女性 10,000人、本調査/全国の20~50代女性で、過去1年に足のむくみを経験した 1,000人)。
 足のむくみは、多くの女性が経験したことのあるものですが、足のむくみによりだるさや、痛み、重量感を感じたり、指でふくらはぎやくるぶしを押すとくぼみができたりする場合、慢性静脈不全(静脈還流障害)と呼ばれる静脈の病気である可能性を秘めていることがある為、決して軽視したり、我慢してよい状態ではありません。
 本調査からは、足のむくみに悩む人は20~50代の女性の半数にも上るにもかかわらず、足のむくみへの対策に満足している人は4割に満たない(38.3%)ことがわかりました。一方で、足のむくみを病気と疑った経験のある人は極めて少なく、足のむくみの原因が静脈にあることを知っている人も少数派であることがわかりました。

※ 詳細レポート最終ページに慢性静脈不全のチェックリストがあります

女性の半数は足のむくみを経験

  • 足のむくみは病気だと思われていない
  • むくみの原因の多くは静脈にあることが知られていない

2013年4月24日
エスエス製薬株式会社

■専門家のコメント

静脈疾患研究に関して日本における第一人者であり、国際的にご活躍されている日本静脈学会名誉会長 星野俊一先生にお話を伺いました。

放置されている足のむくみ 静脈に原因がある場合には初期対応が重要

星野 俊一 先生

  • 日本静脈学会名誉会長
  • 福島県立医科大学名誉教授
  • 社会医療法人福島厚生会 福島第一病院理事長
  • 星野 俊一 先生

むくみとは、体の細胞と細胞との間(細胞間質)に水分(血漿成分)がたまった状態をいいます。ヒトは毛細血管から細胞間質へ毎日約20ℓの水分を供給しているといわれていますが、その内約80~90%は再び毛細血管に静脈血として、残りの約10~20%がリンパ管にリンパ液として再び取り込まれます。一般的には、"むくみの改善=リンパ液の流れをよくすること"と考えられがちですが、老廃物を含む水分を回収して心臓へ戻す役割の多くは静脈が担っているのです。この調査結果でも静脈がむくみの原因であることを知っている人は3割と、静脈の重要性はまだあまり認識されていないようです。静脈の機能は一度失われてしまうとなかなか元には戻りません。まずは静脈の重要性を正しく理解していただきたいと思います。

 むくみの原因は、むくみが起こる部位によって2つ考えられます。一つは全身的に腎機能障害や心臓病、糖尿病などの疾患により血管内の血漿成分が浸出して細胞間質にたまるもので、もう一つは下肢の静脈やリンパ管の不全によるものです。前者の場合は、全身的にむくみの症状が発現し、後者の場合は局所、特に下肢(足)にむくみの症状が発現します。

 下肢(足)は、心臓から遠く離れた場所に位置し、しかも重力に逆らって血液を心臓まで戻す必要があるため、むくみが出現しやすい部位です。水分を心臓に戻すルートである静脈に通過障害や血流の逆流があると静脈圧が高まり、血管から血漿成分が浸出して細胞間質に水分がたまってしまいます。これは静脈還流障害による"血管性むくみ"が引き起こされている状態です。下肢(足)の"血管性むくみ"は、一時的には水分の取りすぎや長時間立位か座位でいることなどによっても引き起こされますが、症状が何日も続く場合には"慢性静脈不全"という病気が隠れていることがあります。統計では、慢性静脈不全の罹患者は人口の約40~50%にみられると推定されています。また、日本人は海外より慢性静脈不全が多くみられ、特に成人女性の約60%以上は、軽度の慢性静脈不全の可能性があるともいわれています。

 慢性静脈不全の初期症状としては足のむくみの他にも、だるさ、重さ、つっぱり感、痛みなどの自覚症状があげられます。運動が制限された長時間の立ち仕事や座ったままでの生活は、下腿の筋肉によるポンプ作用が働かないため、慢性静脈不全になりやすくなります。また、加齢、家族歴、肥満なども危険因子に挙げられます。

 たかが足のむくみ、とそのまま放置しておくと、静脈瘤や下肢の皮膚の褐色調変色、下腿の皮膚潰瘍など重症化してしまうため初期の対処が必要とされています。しかし、日本では専門家の指導下での医療用の弾性ストッキングなどによる圧迫療法しか初期治療での選択肢がありません。ヨーロッパでは、西洋ハーブによる治療が薬物療法として早くから確立され、特に初期においてはむくみ治療の代表的な対処法として知られています。赤ブドウの葉のエキスが医薬品として長年使われてきて効果が実証されています。症状が長く続いたり、痛みを伴うようなら自己判断せず、すみやかに医師又は薬剤師に相談してください。

ニュースリリース一覧に戻る