基本的なシミ対策

シミやそばかすを改善するために、おさえておくべき基本的な対策を紹介します。

紫外線対策(予防)

黒色メラニンが生成される一番の原因となるのが「紫外線」です。紫外線をなるべく浴びないようにするのが、シミ予防の基本になります。外出時には日焼け止めクリームをぬったり、UVケア効果のある化粧品を使用したりしましょう。汗などで流れてしまうため、こまめなぬり直しも忘れずに。帽子や日傘、サングラス、アームカバー(手袋)などの着用もおすすめします。毎日の洗濯物干しや買い物などで浴びる生活紫外線にも注意しましょう。

紫外線は、季節によって量の変化はあるものの一年中降り注いでいます。また、曇りの日や、車のフロントガラスや窓ガラス越しにも透過しています。「少しだけなら大丈夫」と油断せずに、日頃からこまめなケアを心がけましょう。

※ただし紫外線を完全に浴びない様にすると、骨を作るのに必要なビタミンDの生成が妨げられるので注意しましょう。

シミに効く栄養素

  • パプリカ・イチゴ・オレンジ・キウイなど

    ビタミンC
    シミに効く栄養素の代表格がビタミンCです。黒色メラニンの生成をおさえるとともに、酸化して濃くなった黒色メラニンを元に戻す(還元)作用も認められています。

  • 緑黄色野菜(かぼちゃ・ほうれん草・トマトなど)

    βカロチン(ビタミンA)
    黒色メラニンの生成を促進する活性酸素の作用をおさえるβカロチン(ビタミンA)も効果的です。

  • アーモンド・アボカドなど

    ビタミンE
    ビタミンEにも、ビタミンCのはたらきを助けるとともに、活性酸素の作用をおさえるはたらきがあります。

  • 大豆・鰹節・小麦など

    L-システイン
    L-システインは、体の内側から代謝を促すことにより黒色メラニンの排出をサポートするとともに、活性酸素の作用をおさえるはたらきをもっています。

規則正しい生活習慣

肌のターンオーバーを改善するためには、規則正しい生活習慣が大切です。バランスのよい食事はもちろん、十分な睡眠、適度な運動を心がけることによって女性ホルモンのバランスが整い、ターンオーバーの機能を高めることができます。
一方、喫煙は、体内に入ったニコチンがビタミンCを破壊してしまいます。また、カフェイン飲料(コーヒー、紅茶、緑茶など)のとり過ぎは黒色メラニンを拡散させ、シミを悪化させる可能性があるので控えめにしましょう。心労やストレスなども肌に悪影響を与えるので、自分にあったストレス発散法を見つけることもおすすめします。

内服薬

ビタミンCやL-システイン、トラネキサム酸などを含む内服薬があります。
ビタミンCは体内で合成することができず、また摂取しても体内に留めることができないため、毎回の食事で補う必要があります。十分なビタミンCが摂取できないときは、これらの医薬品を活用するのもおすすめです。

美白化粧品(薬用化粧品含む)

日焼けによるシミやそばかすを防いだり、薄くしたりすることを目的とした「美白化粧品」が市販されています。多くの美白化粧品には、黒色メラニンの還元作用によってシミを薄くする作用をもつ「ビタミンC誘導体」が含まれています。そのほかの成分として「アルブチン」「トラネキサム酸」「プラセンタエキス」などもあります。

皮膚科

皮膚科の医師による治療法として、レーザーやケミカルピーリングなどがあります。また、内服薬や外用薬なども処方されることがあります。シミの種類により治療法が異なりますので、皮膚科の医師に相談してください。

  • 肌の代謝とハイチオール(L-システイン)
  • ハイチオールCシリーズ「シミ」に効くメカニズム
  • ハイチオールCホワイティア
  • ハイチオールCプラス