赤ブドウ葉乾燥エキス混合物/薬の成分ディクショナリー【エスエス製薬】

TOP > 薬の成分ディクショナリー > 赤ブドウ葉乾燥エキス混合物
  • twitter投稿
  • LINEで送る
薬の成分ディクショナリー

赤ブドウ葉乾燥エキス混合物
[あかぶどうはかんそうえきすこんごうぶつ]

作用と特徴

ハーブの一種である赤ブドウの葉を原料としているもので、西洋ハーブ医薬品として日本で初めて承認された有効成分です。
ヴィティスヴェニフェラ・エル(Vitis venifera L.)というブドウの種類の中でも、タンテュリエ(Teinturier)と呼ばれている種類の赤ブドウ葉が使用されています。タンテュリエは皮が赤いだけでなく果肉そのものも赤いのが特徴です。
赤ブドウ葉乾燥エキス混合物は、下肢静脈からの水分の漏れを防ぐシーリング作用や血小板凝集抑制作用、抗浮腫作用などの薬理作用により、軽度の静脈還流障害による足のむくみを改善していきます。

注意事項

赤ブドウ葉乾燥エキス混合物は、血小板凝集抑制作用を有することが確かめられています。そのため抗血栓薬等による治療を受けている方は、その作用が増強される恐れがあるので服用できません。また、同様の作用を有する非ステロイド性解熱鎮痛薬を含有する解熱鎮痛薬やかぜ薬との併用もできません。
赤ブドウ葉乾燥エキス混合物は、軽度の静脈還流障害により生じる足のむくみに効くもので全身のむくみや足以外にあらわれるむくみには服用できません。

赤ブドウ葉乾燥エキス混合物を含む主な製品

ブランドサイト
  • ハイチオールシリーズ
  • EVEシリーズ
  • エスカップ
  • アレジオン10
  • アンチスタックス
  • ドリエル
  • エスタック
  • スルーラック
  • ガストール
  • ラカルト・ニュー5
  • アネロン