社員の想い

自分が開発した製品が、
お客様の手に。
開発時の苦労が達成感に変わる。

研究開発本部
成田研究所 製剤研究部
大澤 瑞穂

研究開発本部 成田研究所 製剤研究部 大澤 瑞穂

普段どのような仕事をしていますか?

千葉県にある成田研究所で、新製品の開発と新たな製剤技術の開発に取り組んでいます。

新製品の開発は、経口で服用するOTC医薬品(薬局で購入できる風邪薬や鎮痛剤、ビタミン剤などの医薬品)の開発が中心です。また、製剤技術の開発は、薬を飲み易くする検討や、薬効の発現を速めたり、持続させるような検討を行い、皆さんのニーズに応えられるよう、様々な視点から行っています。

風邪薬のように複数の成分を一つの薬として市場に出すためには、適切な剤形(錠剤や顆粒剤などの形)を選択し、製品の品質を維持できるように設計しなければなりません。更に製品を大量生産できるようにするために、実験室でビーカーサイズの検討から始め、徐々に検討サイズを大きくして工場での生産に適した製造条件を設定しています。

私の所属する製剤研究部では、実験室での検討から工場での生産条件設定まで幅広く関わり、新製品の企画段階から上市まで見届けています。