乗り物酔いの原因とメカニズム|カラダの話 症状・疾患を知ろう【エスエス製薬】

TOP > 症状・疾患を知ろう > 乗り物酔い > 乗り物酔いの原因とメカニズム
  • twitter投稿
  • LINEで送る

乗り物酔い

乗り物酔いの原因とメカニズム

乗り物酔いとは

乗物酔いは、乗物などの揺れによって起こる症状のことで、医学的には「動揺病」「加速度病」とも呼ばれます。旅行や出張などでバスや車、電車、飛行機などに長時間乗った際に起こりやすく、また、船釣りや遊園地のアトラクションなどでもみられます。

典型的な症状は、あくび、唾液の分泌増加、胃の違和感などに始まり、次第に気分が悪くなり、吐き気や嘔吐に至ります。特に夏場は乗物酔いによる嘔吐から脱水をまねきやすいので、注意が必要です。

乗り物酔いの原因とメカニズム

乗り物酔いのメカニズム

乗物の揺れや加減速で起こる自律神経の乱れ

乗物酔いは、乗物の揺れ、特に不規則な加速・減速の反復が、内耳のある三半規管や前庭を刺激することによって起こります。内耳への刺激が自律神経系や平衡感覚の乱れを引き起こし、その結果、顔面蒼白、冷汗、頭痛、吐き気、嘔吐といった乗物酔いの症状があらわれます。また、視覚や嗅覚からの不快感、精神的ストレスや酔うかもしれないという不安感も乗物酔いの発現に関与しているといわれています。

酒酔いと乗物酔いのちがいは?

同じ"酔い"でも、お酒に酔ったときはアルコールの作用によって脳の活動が抑制されています。また、お酒で悪酔いしたときの嘔吐は、アルコールが分解される過程でできるアセトアルデヒドの作用によるもので、自律神経系の乱れによっておこる乗物酔いとはまったくメカニズムが異なることがわかります。

エスエス製薬の「乗り物酔い」に関連する製品のブランドサイト

アネロン ブランドサイト

アネロン

乗り物酔いによる
はきけ・めまいに

ブランドサイトページへリンク

エスエス製薬の「乗り物酔い」関連の製品

乗り物酔いの原因とメカニズム