生理痛の原因とメカニズム|カラダの話 症状・疾患を知ろう【エスエス製薬】

TOP > 症状・疾患を知ろう > カラダの話:生理痛 > 生理痛の原因とメカニズム
  • twitter投稿
  • LINEで送る

生理痛

生理痛の原因とメカニズム

生理痛の原因とメカニズム

子宮内には、赤ちゃんを育てるベッドとなる子宮内膜が作られ、妊娠しなければ、不要になったそのベッドは大体28日周期で血液と一緒に体外に排出されます。この「ベッドのお掃除」が生理です。そして、その時に伴う痛みが、生理痛です。

生理痛は生理前後に分泌される、「プロスタグランジン」という物質の分泌量が多い時に起こります。この物質は、子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれるときの出血をスムーズに体外へ出すはたらきがありますが、その分泌が多くなると、子宮の収縮も過剰になって強い痛みの原因になります。なお、生理の時に頭痛や肩こり、腰痛や吐き気が起こるのも、この物質が関与しています。
さらに、ストレスや冷えによる血行不良で「プロスタグランジン」が骨盤に滞って痛みを強くする事や、体温調節機能の低下が不快な症状を感じやすくさせる事などが生理痛を悪化させると考えられています。
その他には、出産経験がなく、子宮の出口がせまい女性が生理痛を感じやすい傾向もあります。

女性の社会進出や晩婚化などの環境変化により、女性が一生のうちに出産をする回数が減ったため、若い年代から妊娠・出産を繰り返した時代の女性に比べて、現代の女性は一生で生理を過ごす期間が長くなったと考えられます。その分だけ、生理・生理痛に悩む女性が増えており、生理痛からの解放は、今、女性にとって大切な課題のひとつといえるでしょう。

エスエス製薬の「生理痛」に関連する製品のブランドサイト

イブ ブランドサイト

イブ

頭痛・生理痛などの
痛みに。

ブランドサイトページへリンク

生理痛について