不眠のリスクと予防|症状・疾患を知ろう【エスエス製薬】

TOP > 症状・疾患を知ろう > 一時的な不眠 > 不眠のリスクと予防
  • twitter投稿
  • LINEで送る

一時的な不眠

不眠のリスクと予防

不眠がもたらすリスク

不眠によって脳が休息できないと、集中力や作業効率が低下しがちになるなど、日常生活に支障をきたします。また、睡眠不足が続くと、食欲が高まるホルモンが多く分泌され、結果的に太りやすくなるほか、高血圧や糖尿病などの発症リスクが高まること、うつ病と関係することなども知られてきました。また、睡眠時間が短くても長過ぎても寿命に影響することも示されています。さらに、量・質ともによい睡眠が取れている人は、年齢を重ねても心身が健康で、生活の質も高いということを示す研究結果もあり、睡眠と日常生活、健康との関係が明らかになってきています。今後ますます、よりよい眠りへの関心は高まりそうです。

快眠のためにできること

日々のちょっとした工夫で、快適な眠りを得られる方法があります。

食事

朝食はしっかり摂って心身を覚醒させ、夕食は寝る2時間前には済ませ、アルコールはほどほどに。夕食後は、コーヒーなどのカフェインは避け、気分の鎮静効果があるカモミールティーなどがおすすめです。

運動

屋外での軽い体操や散歩、夕方の軽い有酸素運動が最適です。
朝:光の刺激は強力な生体リズムの調整因子。太陽を浴びることで、生体リズムは活動開始のタイミングにセットされます。夕方:夕方の軽い運動は適度な疲労感とリラックス効果が得られます。

入浴

入浴は40°C前後のぬるめのお湯に、30分くらいを目安に。ゆっくりお風呂につかることで、心身ともに眠りに向けての準備が整います。

寝室の環境

眠る前の照明を暗くする、遮光カーテンを使う、室温は26°C前後、湿度は60%前後を心がけるなど、寝室の環境を整えることも忘れずに。

それでもなかなか眠りを改善できない場合は、ドラッグストアなどで購入できる睡眠改善薬を使って、まず眠りの悪循環を断ち切るのもひとつの選択肢といえるでしょう。

出典:睡眠改善委員会 かくれ不眠ラボ

エスエス製薬の「一時的な不眠」に関連する製品のブランドサイト

ドリエル ブランドサイト

ドリエル

いい目覚めは、
いい眠りから。

ブランドサイトページへリンク

エスエス製薬の「一時的な不眠」関連の製品

不眠のリスクと予防