睡眠改善薬のメカニズム|症状・疾患を知ろう【エスエス製薬】

TOP > 症状・疾患を知ろう > 一時的な不眠 > 睡眠改善薬のメカニズム
  • twitter投稿
  • LINEで送る

一時的な不眠

睡眠改善薬のメカニズム

医療機関で不眠症治療に用いられる、いわゆる「睡眠薬」と呼ばれているものの代表にベンゾジアゼピン系睡眠薬があります。これは、脳内の抑制性の神経伝達物質であるGABAのGABAA受容体への結合を促進し、中枢神経の活動を抑えることで興奮・不安を鎮め、睡眠を誘発するものです

ドラッグストアなどで購入できる市販の「睡眠改善薬」は、風邪薬などを服用したときに眠気の副作用の原因となる抗ヒスタミン薬の作用を利用したものです。脳を興奮させる作用を持つヒスタミンは、脳内のヒスタミン受容体と結合することで脳を覚醒させますが、睡眠改善薬の主成分であるジフェンヒドラミン塩酸塩は、脳内でヒスタミンが受容体に結合するのをブロックし、自然に近い眠りに導きます。なお、睡眠改善薬は、一時的な不眠症状に使用する医薬品で、長期連用するものではありません。

エスエス製薬の「一時的な不眠」に関連する製品のブランドサイト

ドリエル ブランドサイト

ドリエル

いい目覚めは、
いい眠りから。

ブランドサイトページへリンク

エスエス製薬の「一時的な不眠」関連の製品

睡眠改善薬のメカニズム