便秘薬の選び方|カラダの話 症状・疾患を知ろう【エスエス製薬】

TOP > 症状・疾患を知ろう > カラダの話:便秘 > 便秘薬の種類と選び方
  • twitter投稿
  • LINEで送る

便秘

便秘薬の種類と選び方

便秘薬の種類と選び方

自分に合った便秘薬を見つけよう

便秘薬に含まれる成分はさまざまです。便秘の種類や体調によって合わない成分もありますので、自分に合う便秘薬や成分を見つけることが大切です。

便秘薬に配合されている主な成分と特徴

主な成分 腸を動かすしくみ
刺激性成分 ビサコジル、センナ、ピコスルファート、アロエなど 腸粘膜や神経を刺激し、鈍った腸のぜん動運動などを亢進させ、優れた排出効果を発揮します。
浸潤性成分
(しんじゅんせい)
DSS
(ジオクチルソジウムスルホサクシネート)など
腸内へ水分を引きよせて便をやわらかくし、界面活性成分が便を包んで滑りやすくします。一般用医薬品の便秘薬では、刺激性成分と合わせて配合されている成分もあります。
膨潤性成分
(ぼうじゅんせい)
プランタゴ・オバタ種皮などの食物繊維など 腸内で水分を吸収し便を膨張させやわらかくするとともに、便の容量を増やすことにより、ぜん動運動を亢進させます。
漢方成分 大黄甘草湯、麻子仁丸など 腸粘膜や神経を刺激し、腸のぜん動運動などを亢進させ、排出効果を発揮します。
塩類成分 酸化マグネシウム、
水酸化マグネシウムなど
腸内へ水分を集めて便をやわらかくして膨らませることにより、排出します。

弛緩性便秘や直腸性便秘には、鈍った腸を刺激して排出を促す「刺激性成分」の便秘薬や、硬い便をやわらかくする「膨潤性成分」の便秘薬などがおすすめです。
緊張・痙攣を起こしている状態の痙攣性便秘には非刺激性の「塩類成分」がおすすめです。

「ミネラル処方」の便秘薬

「ミネラル処方」の便秘薬とは、酸化マグネシウムなど、非刺激性成分の塩類成分を配合した便秘薬のことです。
腸の中へ水分を集める作用を持ち、腸内に滞留した便に水分を含ませてやわらかく膨らませ、自然に近いお通じを促します。
腸のぜん動運動を直接刺激しないので、身体(腸)に負担がかかりにくく、お腹にやさしく働きます。

エスエス製薬の「便秘」に関連する製品のブランドサイト

スルーラック ブランドサイト

スルーラック

あなたの便秘に、
ピッタリを。

ブランドサイトページへリンク

便秘薬の種類と選び方