アレルギー性鼻炎の種類|カラダの話 症状・疾患を知ろう【エスエス製薬】

TOP > 症状・疾患を知ろう > アレルギー性鼻炎(花粉症) > アレルギー性鼻炎の種類
  • twitter投稿
  • LINEで送る

アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎の種類

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎は、発作的で連発するくしゃみ、透明のさらっとした鼻水、鼻づまりの3つの症状を主とするアレルギー疾患です。その主な原因は、空気中を浮遊している花粉やハウスダストなどの原因物質「アレルゲン」を吸い込み、鼻粘膜からアレルゲンに含まれる糖タンパク等が体内に入ることで起こります。

アレルギー性鼻炎には、主に花粉などをアレルゲンとし毎年同じ季節に鼻炎症状を引き起こす「季節性アレルギー性鼻炎」と、ハウスダストなどをアレルゲンとし、季節に関係なく、年間を通じて鼻炎症状を引き起こす「通年性アレルギー性鼻炎」があります。
日本では、1960年代後半からアレルギー性鼻炎の増加がみられるようになり、その当初は通年性アレルギー性鼻炎が主流でしたが、最近では花粉症の増加が顕在化しており、特にスギ花粉症は有病率の高さと症状の強さから社会問題にもなっています。

「季節性」と「通年性」のアレルギー性鼻炎

実は花粉は一年中飛んでいる!季節性アレルギー性鼻炎

いわゆる「花粉症」は、毎年同じ季節に鼻炎症状が起こる、季節性アレルギー性鼻炎に分類されますが、2~4月頃に発症するスギ花粉症の印象が強いため、春以外の他の季節にも花粉が飛んでいることはあまり知られておらず、他の季節に同じ症状が起きても「カゼかな」と勘違いしてしまうことも多いようです。

しかしスギ以外にも、鼻炎症状を引き起こす植物は多くあり、春のヒノキ、夏のシラカンバやカモガヤ、秋のヨモギやブタクサ、冬のカナムグラなど、アレルギー性鼻炎を引き起こす花粉は、ほぼ年間を通じて日本中で舞っているのです。

原因は花粉だけではない!通年性アレルギー性鼻炎

季節に関係なく、年間を通じて鼻炎症状が起こる「通年性アレルギー性鼻炎」のアレルゲンとして有名なのが、カビやダニ、人やペットの毛やフケなどのハウスダストです。

さらにディーゼル排気粒子など、花粉、ハウスダストなどのアレルゲンと一緒に吸うと、アレルギー症状を悪化させる物質、いわゆる『アジュバント物質』 という環境因子もあります。ほぼ一年中、原因となるアレルゲン、アジュバンド物質は大気中を飛んでいます。

  季節性アレルギー性鼻炎(花粉症) 通年性アレルギー性鼻炎
アレルゲン
(原因物質)
主に花粉
(スギ・ヒノキ・ヨモギ・ブタクサ等)
主にハウスダスト
(カビ・ダニ・人やペットの毛やフケ等)

エスエス製薬の「アレルギー性鼻炎(花粉症)」に関連する製品のブランドサイト

アレジオン ブランドサイト

アレジオン

花粉に、1日1回
長く効く。

ブランドサイトページへリンク

エスエス製薬の「アレルギー性鼻炎(花粉症)」関連の製品

アレルギー性鼻炎と花粉症の種類