アレルギー性鼻炎のメカニズムと鼻炎薬|カラダの話 症状・疾患を知ろう【エスエス製薬】

TOP > 症状・疾患を知ろう > アレルギー性鼻炎(花粉症) > アレルギー性鼻炎のメカニズムと鼻炎薬
  • twitter投稿
  • LINEで送る

アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎のメカニズムと鼻炎薬

アレルギー性鼻炎のメカニズムと抗ヒスタミン薬(鼻炎薬)

アレルギー性鼻炎の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。空気中を浮遊している花粉やハウスダストなどのアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、体内に抗体が作られ、肥満細胞という名の細胞とくっつきます。

その後、再びアレルゲンが侵入すると、肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり等のアレルギー反応を起こします。鼻炎薬として一般的な抗ヒスタミン薬は、このヒスタミンがヒスタミン受容体と結合するのを阻害することにより鼻炎症状に効果を発揮します。

抗ヒスタミン薬は花粉飛散初期からの服用(初期療法)が推奨されています。初期療法とは、予測される花粉飛散量と、もっとも症状が強い時期の重症度などをもとに、早期に服用を開始する治療法です。症状が軽い時から服用を開始することで、症状が強まる時期を遅らせるだけでなく、症状の程度を軽くし、症状の終了を早くすることが出来ます。

第2世代の抗ヒスタミン薬が眠くなりにくい理由

鼻炎薬をのんだら眠くなった、そんな経験はありませんか?
抗ヒスタミン薬には第1世代と第2世代の2つの世代があります。第2世代の抗ヒスタミン薬の多くは、第1世代の抗ヒスタミン薬に比べて、眠気や集中力の低下(鈍脳)が軽減された非鎮静性抗ヒスタミン薬と呼ばれる新しいタイプとなっています。

ヒスタミンは、ヒスタミン受容体と結合すると、アレルギー反応を引き起こします。しかし、ヒスタミンは脳内では集中力・判断力・作業能率や覚醒の維持に関与していることがわかっています。
第1世代の抗ヒスタミン薬では、眠くなったり頭がぼんやりしたりするとされていたのは、抗ヒスタミン薬が脳内にも入り込み、脳内でヒスタミンの働きも抑えてしまっていたからです。そうした中、非鎮静性抗ヒスタミン薬は、血液脳関門を通りにくい特長を持っているため、脳内に入りにくく、脳内のヒスタミンの働きを阻害する事がほとんどないため眠気や集中力の低下が起こりにくいとされています。さらに、第2世代の抗ヒスタミン薬は、全般的に口が乾きにくいという特長もあります。

エスエス製薬の「アレルギー性鼻炎(花粉症)」に関連する製品のブランドサイト

アレジオン ブランドサイト

アレジオン

花粉に、1日1回
長く効く。

ブランドサイトページへリンク

エスエス製薬の「アレルギー性鼻炎(花粉症)」関連の製品

アレルギー性鼻炎のメカニズムと鼻炎薬