トップページ > 健康な足のために > 足の“むくみワーカー”ルポ

チェック

足の“むくみワーカー”ルポ

【3 店頭販売員】女性の楽しみ、ショッピングタイムをサポートする販売のエキスパート! ~夕方の彼女たちはみな、足のむくみに耐えている!?~

接客に、バックヤードの棚卸し。お客様から見えない場所でも立ちっぱなし。

洋服やアクセサリー、バッグ、靴、コスメ……。女性にとっては見ているだけでも楽しい魅惑の世界、百貨店。その品揃えと高級感溢れる空間もさることながら、迷ったときにアドバイスをくれたり、サイズをチェックしてくれたりと、あらゆる面でショッピングのサポートをしてくれる、教育の行き届いた販売員さんたちの存在も、百貨店の魅力のひとつ。フロアではいつも笑顔で迎えてくれる彼女たちも、足もとの悩みは深刻なようです。

休憩時間以外は、ほぼ立ちっぱなし。接客だけでなく、バックヤードでの棚卸し作業などもあり、百貨店販売員の仕事は、かなりの体力勝負です。また、夏は冷房、冬は暖房がバッチリ効いた館内で、照明に一日中さらされているので、体調やお肌の管理も大変だとのこと。夕方には、足のむくみや痛みに加えて肌も喉も乾いてしまうのですが、それでも仕事が終わるまでは、お客様のために笑顔、笑顔。そんな百貨店販売員のみなさんは、笑顔でフロアに立つために、どのような対策をしているのでしょうか。

子供の頃からファッションが好きで、大好きな百貨店で働くことをずっと夢見てきた、販売員歴20年のAさん。「とにかく立ちっぱなしの仕事ですので、就職してすぐの頃から、足のむくみには悩まされてきました。出産、育児で休暇を取って復帰してからは、さらにむくみやすくなった気がします。

帰宅後は急いで食事の用意をして、洗濯して……という毎日。ケアする時間がなく、すっかり足のむくみは慢性化していますね」と、長年足のむくみに悩んでいる様子。

どうしてもツライときは、足裏やふくらはぎにリフレッシュシートを貼って眠るそうですが、「朝にはスッキリしたような気がしても、夕方にはまた当たり前のようにパンパンになる」のだとか。

▲ページ上部へ

仕事と家事に追われて、息つく暇はなし。たまの休みの日には足をセルフマッサージ。

「1日中立ちっぱなしなので身体が硬くなりますし、毎日夕方になると足のむくみとの戦いが始まります。若い子の中には、身体をほぐすためにヨガ教室に通っている人もいるみたいですが、ベテラン層になって家庭がある人だと、なかなかそんな時間もないですよね」と話してくれたBさん。一度は本社勤務になるも、昨年、大好きな接客の場に戻ってきたとか。

休日は家族サービスに徹するので、むくみケアの時間は取れないけれど、「ゆっくり過ごせる日があれば、お昼からお風呂に浸かって、ふくらはぎをマッサージします。録画していたドラマを観ながら、足ツボを刺激するマッサージ器を踏んだりもして、貴重な“主婦”の自由時間を満喫しています」とのこと。それでも「ラクになるのは一時的」だと言い、慢性的な足のむくみを半ば諦めているようです。

学生時代の就職活動はアパレル一色!大本命だった某百貨店に就職して10年目を迎えるCさんも、産後復帰をしてから足がむくみやすくなったと言います。お料理が大好きで、リフレッシュの時間でもあるというCさん。「特売日やポイントサービスデーの時には、仕事が終わると大急ぎでスーパーへ。長年、職場で高額な物に囲まれていても、“主婦”になってからは常に“お得”情報にアンテナ張ってますよ(笑)。安いときにまとめ買いをして、家族が寝た後や休みの日に常備菜を作ります」とのことで、季節の食材を取り入れた栄養食を心がけているそうです。でも、「仕事があった日は足が痛くて、手が空いている時間はちょっとでも座れるように、キッチンには小さな椅子を置いている」そう。カトラリー用の引き出しには、ハンディタイプのマッサージ器もしっかり常備されているとのことです。

▲ページ上部へ

ヨガに通ったり、サロンの施術に頼ったり。販売員の足のむくみとの戦いは今日も続く!

販売員のみなさんが足のむくみ対策として取り入れている方法は、リフレッシュシートやマッサージ器など、手軽にケアできるものが中心でしたが、あくまでも「一時的なもの」と考えているようでした。


Bさんご本人が店内で使用している靴

時間に余裕のある若い女性の中には、ヨガ教室に通ったり、同じ百貨店内にあるマッサージサロンでプロに施術をしてもらったりしている人もいるけれど、ベテラン層になればなるほど、仕事の忙しさや家事に費やす時間がプラスされ、自分のケアには時間が取れないのが現状。通勤距離の長い人からは、「乗る電車を一本くらいなら遅らせてでも、とにかく座りたい!」という切実な声も聞こえてきました。

足のむくみと戦いながらも、フロアでは笑顔を絶やさずお客様を迎える販売員のみなさん。私たちのショッピングタイムは、彼女たちの徹底したサービスがあってこそのもの。Aさんは、「自分が昔から大好きな百貨店で働けていることも誇りですし、その百貨店に来てくださるお客様にもショッピングを楽しんでもらいたい、といつも思っています。運命の商品に出会えてうれしそうにお買い上げくださったお客様をお見送りする時が、何より幸せです」と話してくれました。百貨店が大好き。だから、お客様にも百貨店を大好きになってもらいたい。そんな誇りを持った彼女たちの接客が、百貨店の価値を支えているのですね。

▲ページ上部へ

「アンチスタックス」への期待感

百貨店勤務(宝飾売り場)・Aさん

「自分にかけられる時間が少ないので、時間をかけずに取り入れられてうれしい。でも、一回の服用で効果を感じるもの?どのくらい続けて服用するものなのでしょうか?」
→アンチスタックスの効果~臨床試験結果~

百貨店勤務(食品売り場)・Bさん

「これまでケアをしてはまた(足が)むくんでを繰り返して年々ひどくなっているのですが、内服薬ということは、体の中から改善してくれると言うこと?期待したいです」
→アンチスタックスが効く仕組み

百貨店勤務(子供服売り場)・Cさん

「フットケアというと外側からのケアしかイメージがなかったので、内服薬の存在は初めて知りました。ぜひ試したいです。みんな慢性的なむくみに悩んでいるので、教えてあげたいですね」

  • キャビンアテンダント
  • 企画職
  • 店頭販売員
  • 美容師

▲ページ上部へ

・この医薬品は、薬剤師から説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使い下さい。

・3週間位服用しても症状がよくならない場合、また症状の改善がみられても12週間(約3カ月)を超えて服用する場合は、医師又は薬剤師に相談して下さい。