トップページ > 健康な足のために > 足の“むくみワーカー”ルポ

チェック

足の“むくみワーカー”ルポ

【2 企画職】 ヒットのためなら足のむくみのケアは後回し!? ~企画を生みだすポジションで働く女性に聞く、むくみの現状と“頑張り”の源~

資料チェック、会議、企画書の作成。プランナーの仕事はオフィスに座りっぱなし。

世の中に次々と登場する新製品、新企画。それらが生み出され、華々しくデビューするまでの過程では、多くの女性プランナー達が、女性ならではの感性を生かして活躍しています。社内でも花形とされる部署で、ついつい頑張りすぎて自分のケアは後回しにしがちな彼女達。足のむくみもずいぶん溜め込んでいるようです。

毎日の仕事は、ほぼデスクワークで座りっぱなし。出社したら、リサーチ会社から届いたデータや集められた膨大な参考資料に目を通し、午後はプレゼンに会議、マーケティングのためのグループインタビュー。1日のタイムスケジュールが終わっても、企画書の作成は深夜まで続きます。企画が通れば、打ち合わせ漬けの日々に。

デスクワークが中心とはいえ、外部の人と顔を合わせる機会が多いため、足もとはヒールが基本。残業タイム終盤になってパンパンになった足に気づき、やっと社内用サンダルに履き替える日も。また、人に会って話すことが好きなので、仕事に家事にと忙しい合間を縫ってでも、食事やお酒の席には積極的に参加。減る一方の睡眠時間に反比例して、塩分とアルコールの摂取量は増える一方です。

▲ページ上部へ

一日の疲労が足に溜まって、帰る頃にはむくみのせいでヒールが履けないくらい。

コスメの会社に入社して5年目で念願だった製品企画チームに抜擢されたAさんは、この10年で数多くの製品の企画・開発段階からプロモーションまでを見届けてきました。「チームに入った最初の頃は、外に出てサンプル調達やリサーチなどに走り回ることも多かったのですが、キャリアを積めば積むほど、オフィスに待機して指揮を執る立場になるので、座りっぱなしの毎日になっていきました。残業を終える頃にはいつもパンプスがキツくて、駅まで歩くのさえツラい日もあるんです」と、足のむくみが慢性化していることを話してくれました。 平日は仕事と家事に追われ、週末は旦那様と出かけることが多いとのことで、じっくりとケアをする時間はなさそうです。

飲料メーカーに勤務するBさんは、現在の部署に異動して7年。毎日外で走り回る営業チームをオフィスでサポートしてきました。売れ行き状況や他社製品のリサーチ情報の整理、店頭プロモーションの企画……。出社してから終業時間まで、ほぼパソコンの前に座りっぱなし。「夏は汗をかいて帰ってくる営業の皆さんのために冷房の設定温度が低いので、カーディガンと膝掛けが必須ですし、冬は靴下を重ねたりレッグウォーマーをしていても、つま先がどうしても冷たくなります」と言うお話もあるようです。

そして食材を買い込み帰宅した後は、息つく間もなく食事の用意。「キッチンに立っている間も足がだるくて、片足ずつ交互に重心をかけて立ったりして気を紛らせています。月に一度はご褒美として全身のマッサージに通っているんですが、一時的に楽になった気がしても、すぐにまたつらくなって……年々ひどくなっている気がしますね」と、頑固な足のむくみに悩まされているようです。

「プレゼン前は終電が当たり前。夢中で企画書を作っていたら朝日が昇っていて慌てて帰宅、なんてこともあります」と話すのは、最近、転職をした広告代理店でプランナーとして働くCさん。デスクワークの間は社内用サンダルに履き替えるものの、就職当初は、帰ろうとしたら「靴が入らない!」なんてこともあり、今では少し大きめの靴を買うようにしているのだとか。それでも、「帰宅したらもうくたくたで、シャワーを浴びてすぐ寝てしまうことが多いですね。早く帰宅できた日も、洗濯機を回しながら食事の用意をしたりとフル回転で。やっぱり終わったら倒れるように寝てしまいます」と、むくみケアに時間をかけられないまま毎日を終えているようです。

わずかな時間を利用して自己流のケア。それでもむくみは改善されず……。


Bさんご本人の社内サンダル

プランナーとして活躍しているみなさんは、足のむくみに悩まされながらも、なかなかセルフケアの時間が取れないのが現状のようですが、忙しい毎日の中でも取り入れられている方法はあるのでしょうか? まず、愛用されていたのが、オフィス用サンダル。続いて、ほてった足を手軽にリフレッシュできる携帯用フットスプレー。逆に冷えが気になる方は、デスクワーク中、レッグウォーマーや厚手のソックスを重ねているそうです。


Bさんご本人の
通勤用ハイヒール(黒)

自宅ケアでは、入浴後の保湿の際に、自己流で簡単にマッサージをする程度という方が大半でした。とくにつらい時には、足の裏やふくらはぎに貼るタイプのリフレッシュシートに頼るという方もいましたが、オフィス、自宅共に、時間や手間をかけずに手軽に取り入れられるケアがメインのようです。

毎日仕事と家事に追われ、心身共に疲れが溜まっているはずなのに、自分のことよりも仕事や家族、友人との時間を優先してしまう彼女達。でも、そんな頑張り過ぎてしまう性格だからこそ、お客様に喜ばれるものを生み出せるのかもしれません。

Cさんは、「どんなにキツい日が続いても、一つの企画が終わったときの達成感があるから、次の企画も頑張れるんですよね。それと、わずかな時間でもプライベートを思いっきり有意義に楽しむことで、また仕事への活力が沸くんです」と話してくれました。それでも、健康な身体あっての“頑張り”。自身のケアも上手にしながら、素敵な製品や企画を生み続けてほしいですね。

▲ページ上部へ

「アンチスタックス」への期待感

コスメ会社製品企画・Aさん

「フットスプレーを使ったり、フットクリームを塗る際に簡単なマッサージはしていましたが、内服薬があるなんて。」

飲料メーカー営業企画・Bさん

「マッサージなど外からのケアをしても、すぐにまたツラくなるのを繰り返していたので、身体の中から改善してくれるというところが魅力的です。是非試してみたいです!」

広告代理店プランナー・Cさん

「毎日忙しくて自分のケアに時間をかけていられなかったのですが、手軽に取り入れられる内服薬はうれしいですね。これなら私にも続けられそう。」

  • キャビンアテンダント
  • 企画職
  • 店頭販売員
  • 美容師

▲ページ上部へ

・この医薬品は、薬剤師から説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使い下さい。

・3週間位服用しても症状がよくならない場合、また症状の改善がみられても12週間(約3カ月)を超えて服用する場合は、医師又は薬剤師に相談して下さい。